フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

府本部憲法フォーラム、太田明宏・幹事長代行が講演

 公明党京都府本部で本日、京都会館で、「憲法フォーラム」を開催し、党憲法調査会座長の太田昭宏幹事長代行(衆院議員)の講演、後に、京都新聞論説委員の関根英爾氏との質疑応答で、憲法改正に対する公明党の考えを鮮明させました。(参考:フッチーのメルマガNo.49)
公明党議員は、党の綱領や基本政策は尊重遵守しなければなりませんが、「党と異なる見解や憲法観」を持っていても自由であり、そこが異論を許さない独善集団・共産党と違う所です。
 かねてより、憲法改正を論ずる各政党や試案提出者(マスコミ等)は、国民に対して、21世紀の日本のあるべき姿を明確に提示すべし指摘しており、太田幹事長代行のこの趣旨の指摘は是認されます。
 しかし、国連常任理事国入りを世界各国に訴え、支持獲得に躍起となっていながら、「国内憲法の制約により、自衛隊の海外派兵(イラクへの人道復興支援とは違う)は出来ません、将来の国連軍には参加しません」といって国連の幹事国然として振る舞うことが可能だろうか。理論的に「集団的自衛権」の所持とその行使は異なるのであり、「集団的自衛権」の所持とその行使も否定するのならば、政府の方針・国連常任理事国入りを諫めるのが筋ではないだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/24(日) 22:19:17|
  2. 市町村合併|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<衆院補選自民2勝、さすが公明の本気度 | ホーム | 中国さんよ、牡丹に恥じない国際友好交流を>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/65-22344dd0

fuchy

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。