フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「21世紀への対話展」

 京都市岡のみやこめっせで開催されている(本日が最終日)「21世紀への対話-A.トインビーと池田大作展」を妻とともに鑑賞。
大著「歴史の研究」で高名なトインビー博士が、地球文明の将来を危惧しつつ3回目の来日を果たした折、民衆運動に根ざした人間主義の価値創造を具現しつつあった池田大作・現SGI会長の思想・行動 ・著作を知ることとなり、英国で40時間に及ぶ対話が実現し、その記録展が今全国に展開されています。
当時、東西冷戦の真っ只中、池田会長の問いに対して、同博士は、「イデオロギー対立は、表面的なものであり、根底には国家間のエゴ・国益が脈打っている(趣旨)」と喝破され、世界文明の脈絡は「究極の存在」へと収斂すべく蠢いている(趣旨)と、同対話の中で指摘されたそうです。
折しも、教科書検定や竹島・尖閣諸島の領有権で「日中韓」が、また、BSE-米国産牛肉の輸入問題で「日米」がギクシャクしています。同博士指摘の構図は、いずれ分かってくるでしょうが、外交面や国会、向日市議会でもピタリと符合しています。
丸山公園のしだれ桜は、5,6分咲きでしたが、高瀬川の桜は風情が出ていました。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/06(水) 23:48:29|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<環境への視点 裏表 | ホーム | ふちがみレポート38号の配布>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/58-8879a1b9

fuchy

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。