フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久嶋氏、再選出馬へ 向日市長選

 今日の京都新聞朝刊に、「久嶋氏、再選出馬へ」の見出しで、17日にも立候補の正式表明するとの記事が載っていました。
その中で、「昨年末に市議会の一部与党会派から出馬要請を受けた。他の会派にも支援を求めている。」とあり、公明党も今後如何なる対応を取るか検討していきます。

 昨日、別のブログで「菅直人・民主党代表代行が、出生率を生産性と表現していた」発言について書きましたが、10付けの公明新聞「編集メモ」に「少子化担当相も批判 波紋広げる菅氏の『生産性』発言」と続報がありましたので、掲載します。
一番読んで貰いたいのは、社民党の辻本清美センセイです。何せ彼女は、「女性を産む機械と例えた柳沢伯夫・厚生労働相」に対して、「全国の女性全員を代表して辞職を要求する」と国会で抗議したそうですから。いつから「全国の女性全員の代表」になったのかは知りませんが・・・。
今のところ、菅直人・民主党代表代行は、4月の東京都知事選で石原慎太郎東京都知事に対抗する「民主党の最有力候補」だそうです。

 以下は、「編集メモ 少子化担当相も批判 波紋広げる菅氏の『生産性』発言」の全文(公明新聞:2006年2月10日付)

 出生率を「生産性」と表現(1月18日、愛知県で)した民主党の菅直人代表代行の発言が波紋を広げている。
  9日の衆院予算委員会では、高市早苗少子化担当相が、自民党議員に菅氏の発言に対する見解を求められ、「出産ということを生産性という言葉で表現するのは適切ではないと考える」と批判。

 また、9日付の「スポーツ報知」は「菅さんも失言『東京は子供の生産性低い』」と大見出しで取り上げ、「自民党のスキャンダルを攻撃すると、必ず同様の問題で民主党にも攻撃が返ってくる」として「民主党の“ブーメラン伝説”」「ブーメランを食らった菅氏」とこき下ろしている。
  菅氏は8日の記者会見で「生産性」発言について質問され、しどろもどろになりながら「自分がしゃべったこと全部は、言葉じりまでは覚えていない」と逃げ、「生産性が高い、景気がいい地域が、出生率の面では低いところが多いということは申し上げた」などと的外れな説明に終始。出生率を「生産性」と表現したことについては、ひと言の釈明もなかった。

 実は菅氏の「生産性」発言は、今に始まったことではない。昨年も地方紙のインタビューで「少子化問題でも、生産性が高い東京が、子どもの生産性は一番低い」(2006年7月8日付「山陰中央新報」)と答えている。その後も1月の民主党大会などで同様の発言を繰り返しているということは、菅氏は本心から出生率を「子どもの生産性」と見ているからではないか。
  菅氏の「生産性」発言は、まだまだ尾を引きそうな気配だ。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/10(土) 20:48:18|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<舞鶴市長選 斉藤彰氏が当選 | ホーム | 木村繁雄・府議会議員の代表質問>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/315-60b8778c

fuchy

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。