フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

無防備平和都市条例案 向日市議会総務委員会で否決

 「無防備平和都市条例制定」を求める直接請求にかかる向日市議会・臨時議会は、午前10時から請求代表者等3名が意見陳述、その後市長への質疑応答が行われました。午後1時15分からは、所管の総務委員会での審議がなされ、賛成者ゼロで否決されました(共産党委員は退席し採決不参加)。

陳述者の内容や賛成議員の質疑は、「非武装中立論の亡霊」を見ているようで、「神学論争」がまた始まったとの印象です。
また、「9条の会」と「無防備宣言推進派」との「平和運動の縄張り争い、共産党旧社会党のバトル」にお付き合いしているようなものでした。
「平和を守れ」とか「憲法9条を守れ」と叫ぶだけで平和な社会を実現維持出来るものではありませんが、平和思想や憲法観の違いだから仕方がありません。

しかし、国の専管事項である安全保障や国防にかかわる条例や制度を、一地方自治体が制定するのは法令違背(地方自治法第1条の2・第2条、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律・国民保護法第3条等々)の虞があります。また、戦時国際法を定めたジュネーブ条約を、交戦国もいない平和時に当ては「無防備地区宣言」しても全く無効であり、論理の甚だしい飛躍でしょう。
更には、条例案の(市の責務)を定めた第3条には、「向日市は、日本国憲法に掲げられた恒久平和の理念を日常の市民生活の中に生かし,平和都市たることを宣言し、1 軍事に関する事務をおこなわない。2 軍事施設の建設を認めない。」とあり、(非核政策)を謳った第4条には「向日市は非核三原則を遵守し、市内における核兵器(劣化ウラン兵器を含む)の製造・配備・貯蔵および、向日市域への持ち込み・飛来・通過を拒否する。」とありますが、核兵器を搭載したミサイルが飛来・通過してきた場合、迎撃武器もないのにどのようにして「拒否」するのでしょうか。抗議集会やデモをすれば「ミサイルが墜落」するのでしょうか。まさに論理矛盾であり、荒唐無稽、茶番でしょうな。私の質問に対して、答弁する部長も「答えにならぬ答え」を発せざるを得ず、傍聴席からも「失笑」が聞こえてきました。

ともあれ、平和を希求し安心安全な社会の実現・建設を願うのは、現代に生きる人類の普遍的な大願でしょうが、特定のイデオロギーに染まった「平和論」で一刀両断するような「非武装中立論」は、既に破綻しています。宣戦布告して正規軍同士で闘う20世紀型の戦争観から一歩も出ておらず、宣戦布告無き戦争、ゲリラ線、国際テロ、核兵器や生物化学兵器等々の大量破壊兵器を特徴としている冷戦終結後の戦争や・紛争には対応不可能でしょう。

 以上のような理由から結論として、向日市無防備平和都市条例(案)
には、反対しました。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/18(木) 20:04:13|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<向日市臨時議会 大山鳴動して○○○2匹 | ホーム | 公明党京都府本部主催の新春年賀会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/308-4065fb3e

fuchy

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。