フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

党首討論 古い政治家・小沢一郎の田舎芝居

 安倍首相と小沢民主党代表との18日の党首討論、小沢代表が「毎週でもやりたい」と意気込んでいた割には、テレビに映る小沢代表の迫力不足は歴然としていました。
主要全国紙の社説では、
読売が「民主党は『北』にどう向き合うのか」
朝日が「精彩を欠いた初対決」
産経が「日本守る具体策議論せよ」
日経が「緒戦は攻めあぐねた小沢氏」
として、
論点とした「北朝鮮の核」に対して、意見集約が出来ていない民主党の安全保障政策の欠如を指摘しています。

小沢代表は、安保理制裁決議を受け、米軍が日本海などで北朝鮮に出入りする船舶への検査を実施した場合、政府は「周辺事態と認定するのかどうか」と迫っていましたが、小沢・菅・鳩山の御三家は「認定しない」と決定し、前原誠司・前代表は「周辺事態と認定できる。(民主党は)反対のための反対もいいが、日本が動かないという選択はありえない」としており、また、鳩山幹事長「2回目核実験なら周辺事態認定も」と19日に語ったように、「その場しのぎの対応」は民主党でしょう。

憲法改正の論点でも、小沢代表は持って回ったまどろっこしい解説を加え、質問も抽象的であり、時間を多く使った割には対決姿勢さえ演出できませんでしたね・・・。「ダラダラとした喋り」にブロガーの多くも失望しているようですな・・・。

NHKのテレビ終了間際、「終わりだな」のヤジが飛んでいました。党首討論で「政治家の核の差を見せつけよう」とした時代遅れの政治家・小沢一郎氏の終わりなのか安全保障という国の基本政策さえ纏めきれない(今年末までに作るそうな)政権担当能力のない民主党の終わりなのか国民の最大関心事「北朝鮮の核問題」に突っ込んだ議論が展開できない党首討論の終わりなのか、・・・多分全部でしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) 23:53:28|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大山崎町議選は勝利、町は真っ赤か | ホーム | 大山崎町議選がスタート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/281-163b118e

fuchy

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。