フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

安倍政権にエールを送る 将軍様

 安倍新政権の今後を占う臨時国会での所信表明演説や代表質問が、大した波乱もなく「安全運転」で進み意外な感じもしましたが、そんな折、「安倍首相の中韓歴訪日程」が発表されました。
小泉前総理に倣い、またタカ派体質からして、「新政権発足後初の外国訪問に米合衆国を選び、靖国問題の対応に手こずったまま中韓両国との外交も行き詰まるだろう」と予測していた「左派系メディア・朝日・毎日」は、とんだ赤恥をかかされました。小泉前総理が「タカ派の方が外交はうまくいく」との発言を、実証したようなものですから。

おまけに、北朝鮮が「核実験を行う」という声明が飛び込みました。主な狙いは米朝2国間協議への誘い水でしょうが、お陰で、「東アジアの安寧を混乱させる北朝鮮」の構図がより明確に浮き彫りにされました。また、金総書記や北朝鮮の無謀な「自爆政治」・「瀬戸際交渉」・「先軍政治」の愚かさに非難がより一層強まった結果、阿部政権の組閣で「拉致担当大臣(官房長官の兼務)」や「拉致担当補佐官」の設置の妥当性が証明されました。

そして、安倍首相の中韓早期歴訪で、北朝鮮の慌てふためき振りも同時に浮き上がってきました。もっとも、北朝鮮融和策を採り、反米・反日を進めてきた支持率13%の盧武鉉・韓国政権も、その点ではご同輩であり、中国のみの訪問では「日米中からの仲間はずれや孤立化」を招きかねず、その阻止になりふり構わないレイムダック状態です。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/04(水) 23:34:06|
  2. 北朝鮮|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<電撃的な日中首脳会談 何を焦る朝日新聞 | ホーム | 小沢代表では、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」は無理なのね>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/276-c01ef168

fuchy

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。