フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

民団と総連にも「地方分権」の余波か

 在日本大韓民国民団(民団)と在日本朝鮮人総連合会(総連)のトップが会談して「歴史的」和解を発表しましたが、民団の新潟県地方本部は「中央の決定に反対しないが、多くの拉致被害者がいる新潟県では、現時点で和解に応じることは適切ではない」として一定の距離を置く方向のようです。
双方とも本家のお家の事情を抱える中、価値観が多様化している若い世代の組織離れや「60年前の化石化したイデオロギー」等々、どん詰まりの状況の上での「和解」と報じられています。つまり、「歴史認識」の前に「歴史的現実」が立ちはだかり、更に「中央の和解-地方の反発」の波状攻撃です。
やっと、およそ時代がかった「空想国家・北朝鮮による拉致犯罪」が、日本人の喉のトゲ「靖国問題」と同等レベルになっている事を感じさせるニュースです。

 昔は道端でしょっちゅう見かけた「いぬほおずき(犬鬼灯)-なす科」の白い花と若い緑色の実です。秋にはこの実が黒色に変わります。雑草でも大事に育てると、高級園芸種のように見えるでしょう。20060520224053.jpg

先日のカキツバタと同様、数年前ホームセンターの片隅で1株100円で売られていた(実質放置状態)「黄菖蒲」が、これまたやっと開花してくれました。
20060520224114.jpg
スポンサーサイト
  1. 2006/05/20(土) 23:37:44|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<小沢代表 誕生祝いもいいけれど・・・ | ホーム | 乙訓消防組合の視察>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/226-150f6d9a

fuchy

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。