フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世の中 どこも 悩乱状態

 今日の午後7時前向日市議会議長経由で、向日市教育委員会からの「市内小学校の給食に異物混入」の通知がありました。教育委員会は「納入業者等に原因調査」を指示し、また向日町署にも通知しました。
全容は現時点で不明ですが、「生徒達が楽しみにしている給食に危険な異物が混入」とは・・・。これで「安心安全の確保」とは別次元の揚げ足とりに走る議員も出てきそうですが・・・、小生は「生徒達の安心安全を本義」に沈着冷静に対応して参ります。

 以下は、私の4つのブログのうちの「ヤフー」に掲載した内容「民主党は 第二自民か 第二共産か」ですが、上記と深い底流で共通していると思い敢えて追記します。

 民主党は、小沢新代表が選出されてから「瀕死の病人がフルマラソンに挑戦」しているかのような錯覚を、国民に与え続けています。
12日の衆院厚生労働委員会への出席を拒否し「審議拒否戦術」にのめり込みました。

これを評して、谷垣禎一財務相も「昔見たセピア色のシーンが再現されている。乱暴な手法がどこまで通用するのか。多くの国民が批判的にみているのではないか」と。産経の電子版によると、「民主党が議員立法で今国会に提出したがん対策基本法案の早期審議入りを主張」したとか。その狙いは、来年の統一地方選や参院選に向けた「実績作り」とのことですが、これって、実は共産党ばりの「実績泥棒」なんですよね。

何故ってこの政策・法案は、公明党が以前から取り組み、今国会でも公明党がまとめた「(仮称)がん対策推進法案」と大差がない内容で、昨年の地方議会でも「国に対する意見書」として多数の地方議会でも採択されています。あの共産党でさえ「公明党が提出したこの意見書」に賛成し、全会一致で可決成立になったくらいですから。

そういえば、昭和46(1971)年の創設以来、公明党が一貫して制度拡充を主導してきた「児童手当制度」を国会では反対しておきながら、民主党は同じ内容を名前を変えただけの「子ども手当」として、どの政党よりも「少子化対策・子育て支援」に頑張っていると厚かましくマニフェストに謳いました。

この手法「法案には反対し、与党の賛成で成立。市民には自分たちが実現させたとのデマ宣伝」は日本共産党のお家芸では・・・。日本共産党から「特許権の侵害」で訴えられまっせ・・・。

小沢代表の旧来の主張「日本一新」は、小泉内閣で吸収されいても「改革路線」を主張しており、「第二自民党」の様相は前原体制と代わり映えがしません。
と思えば、前原執行部が決めたものとは言え「行革推進法案」の対案を提出したり、小沢執行部の「悩乱」が始まりました。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/13(木) 23:05:25|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ニンニク(大蒜)は ニンニク(忍辱)に通ず | ホーム | 小沢代表、使い捨てはカイロに限る>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/207-9bdff712

fuchy

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。