フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

永田議員 紙切れ一枚に魂を売ったのは あんたじゃないか

 雲隠れ入院から11日ぶりに姿を見せ会見に臨んだ永田議員、陳謝どころかメールもその内容も偽物と明言せず、神妙な表情とは裏腹に「疑惑らしきものが存在」と自信に満ちていました。慌てた前原代表は「メール本物ではない」と陳謝の会見をし、鳩山幹事長ですらメールが偽物であることをあっさり認め、民主党もメールについて、「本物ではないと判断した」という党声明を発表しました。
 何のための永田会見だったのか。挙げ句は永田議員、会見後の民主党両院議員総会で「…最後にひとこと言わせて下さい。私は、民主党を、愛しています!!」と涙ぐんで絶叫し、シッカリと「悲劇のヒーロー役」を演じきりましたね。

 呆れたことに、「メール問題は別にして、カネの調査はきちんと継続すべき」と評する一部マスコミや民主党議員、識者、市民もいますが、この甘やかした論調が、民主党を「政権担当能力のある本物の政党・健全野党」に成長させない主因であることにまだ気づいていない。
「野党は、政権与党のチェック機能を発揮することに存在意義がある」ことは事実でしょうが、情報分析能力もなく怪文書に振り回されたり、「信頼関係」という美辞に酔いしれて「思いこみ」のみで突っ走る無謀で杜撰な政党・議員の行動は、「野党」ではなく「夜盗」の言葉がお似合いですな・・・。昨年の「郵政解散・小泉自民の歴史的圧勝・民主の大惨敗」に見られるように当節はネット世論が育っていて、メディアによる野党甘やかし体質を見抜き批判的な国民世論が形成されつつあります。
メディアに都合の良い「野党持ち上げの報道」をする以上、不祥事続発の民主党には徹して厳しくするのがジャーナリストの筋論であり、健全野党を育成する肥料になるのでは・・・。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/01(水) 23:53:53|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<民主党 「政権交代」より「野党第一党交代」を目指しているの? | ホーム | 謝罪というより居直り弁解会見 永田議員>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/189-6b7f5ae6

fuchy

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。