フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

謝罪というより居直り弁解会見 永田議員

 国会内で謝罪の記者会見を行い「誠に申し訳ございませんでした」と深々と一礼した民主党の永田議員
しかし、「仲介者に全幅の信頼を寄せていた」とか「ワードでプリントしたような工作には見えなかった」とかの根拠で国会質問をし、しかもこの期に及んでも「金銭授受疑惑は晴れていない」と問題を引きずり、「メールの真偽に現段階で確証が得られない」と自己正当化する。こんな議員だから、「(阪神・淡路大震災では被災者が)激甚災害指定が受けられないので、みんな火をつけて回った」とか「(耐震強度偽装事件で被害を受けた)住民のみなさんが火を付けたがっている」などの暴言を吐くのでしょう。
情報処理能力とか社会的判断能力、政治的決断力の恐るべき欠如としか言いようもなく、永田町の永田さんが寄り合い所帯のバラバラ民主党に向けた許し乞い会見でしかありませんでした。何故なら、永田議員は「議員辞職もせず、6か月間の党員資格停止処分(除名、離党の勧告よりは軽い)」を受けるだけで済みそうな雲行きだからです。せめて党員資格停止ではなく登院資格停止位は課さないと、今回の民間人名誉毀損・国会での曖昧な根拠に基づく懲罰的質問・予算審議を実質停止させた罪の数々を思えば、政治責任を果たしたことにはなりません。
 また、民主党も無様な姿を晒しています。永田議員辞職になれば、前原代表以下「偽装メール4人衆」がドミノ的に辞職する事態を避けたいのか、中間管理職の野田国対委員長の職責辞任に矮小化しそうです。自浄能力も当事者能力も党内掌握能力もない「野党第一党」の体質と混乱を露呈してしまいました。
こんな政党体質だから、次から次へと「不祥事議員や破廉恥議員」が続出するのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/28(火) 23:02:29|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<永田議員 紙切れ一枚に魂を売ったのは あんたじゃないか | ホーム | 前原代表の辞任不要58%の声 でも支持率大幅下落では世話ない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/188-784da642

fuchy

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。