フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガス欠と油断 どっちが大変

年末年始にかけて「ロシアの巨大ガス企業・ガスプロムがウクライナへ輸出するガスの供給量を減少し、ガス輸出を停止か」とのニュースが世界を駆けめぐりました。背景として、「ウクライナが04年末の政変でロシアから離れ、親欧米派となったことへの報復による
値上げ要求」が発端と報じられています。
かつて、堺屋太一氏(元経済企画庁長官)が1970年代のオイルショックに対する警告書として「油断」なる本をものにされました。石油輸出国機構(OPEC)による「原油価格のつり上げ、そして世界経済のコントロール」が著作の動機付けとなっています。
 ここで考察
 1.小泉さんや阿部さんが靖国に参拝するのは勝手であり、批判するのも勝手ですが、「中国4000年の歴史と対外戦略」を念頭に置きましょうね。
 2.現代の大国は、直接武力攻撃するより「経済的圧力により相手国へダメージを与える」戦略に傾いており、日米自動車交渉なる問題もありました(現ブッシュ政権は例外的存在)。
ということは、「美人のお誘い話に乗っかっちゃ駄目」ということですわ・・・。マスコミや一部勢力の手練手管には、「赤ずきんちゃん 気をつけて」。
 3.年始早々、我が家の給湯器が故障し今日取り替え工事が完了。ここ数日、ガス給湯器のありがた味を感じつつ、たわいもない話に発展しました。でも、「下世話の問題から世界を論ずる」のが「政治の根本」。一読、感謝、感謝。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/07(土) 23:46:30|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スター不在の共産党へ 不破議長退任 | ホーム | 冬は必ず春となる 寒風の中 梅や寒菊が蕾を膨らます>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/179-c9112ce1

fuchy

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。