フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

改革は一気に かつ政治生命を賭けなければ

 向日市議会の総務委員会審議が、午前10時から15時過ぎまで開催される。
主要な案件は、向日市民会館1階の機械室の吹きつけアスベスト除去及び処理にかかる増額補正予算(委員会付託分)、市民体育館・市民温水プールに対する指定管理者制度導入にかかる条例の一部改正や業者選定にかかる事案でした。
体育館等の指定管理者を指定する議案では、例によって某議員が「君たちと僕とはチョット違うよ」とばかりに、共産党でさえ一部は賛成したのに「保留」しました。彼なりの論理・理屈(ないしは屁理屈)もありますが、「サブライズ」も繰り返せば、「サンライズ、ひっくり返ってサンセット」ですな・・・。
因みに、アスベスト問題への対応については、向日市ホームページ「新着情報」をご覧下さい。
委員会審議の番外編として、補助金制度のあり方を見直す「向日市補助金等検討委員会」がまとめた中間報告案と来年度予算編成について質疑がありました。
補助金の見直し・削減はこれまでにもなされてきていますが、抜本的な見直しを期待していた向きにとっては、危機的財政状況を考慮すればやや物足りない感じがしています。
市長は、検討委員会の意見を尊重し最終報告をまって、来年度予算に可能なところから反映したいとの意向ですが、改革は小泉流に一気にやらなければ混乱のもと。一部の実施に終われば、かえって「時限爆弾」をかかえるようなもの。
今のご時世、増額の見直しはまづあり得ず、また減額すれば反発は必至。結果として「声の大きいもの」や「既得権益にしがみつくもの」に屈服したとの印象を持たれたり、ふらついているとの声が拡がれば、赤ランプが点滅状態に陥りかねません。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/19(月) 23:47:11|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<耐震化事業へ第一歩 | ホーム | 民主党 どうやって反転攻勢>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuchy.blog4.fc2.com/tb.php/169-e4a0576c

fuchy

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。