フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

久嶋務・向日市長 「再選への出馬」を正式に記者発表

 久嶋務・向日市長が、4月22日投票の向日市長選に正式に「再選に向け」て立候補を表明しました。
久嶋市長は17日(土)午前10時から向日市民会館第一会議室で、報道各社に対して「再選出馬」の記者発表を行いました。これには各界各層の市民が集う「久島つとむをはげます会(小山治一会長)」の多数の市民と、支援する向日市議からなる「創ろう向日市躍進の会」が参加し、報道機関も「京都新聞」・「朝日新聞」・「毎日新聞」・「読売新聞」・「産経新聞」やKBS京都及びNHK(順不同)の各社が来られました。さすがに、「公明新聞」「しんぶん赤旗」・「京都民報」は不参加でした。特に、後の2社のご来訪をお待ちしていたのですが・・・。

会見では、久嶋市長が、「石田川2号幹線整備や乳幼児医療の対象の拡大と保育所入所枠の拡大など、1期4年間の実績」と、「共有・共鳴そして共生」による「ずっと住み続けたい」、「もっと住みよい」、「やっぱり住んでよかった」と言っていただける向日市を築くための立候補の「決意表明」をしました。
そして、安心と安全のまちづくり、健康と長寿、子育てと教育など改革への5つの基本政策」を力強くかつ明瞭に述べた後、各社の質問を受けました。

久嶋市長は基本政策では、まちづくりや町の発展には「道づくりが欠かせない」と強調し、また質問では、「今後4年間の市の課題、財政問題、行政改革、選挙戦の争点」等々多岐にわたる質問がなされ、「浸水対策事業の推進や水道事業の府市協力」、「必要な事業は年度途中でも柔軟に対応したい」等意欲的に答えていました。

リンク 久嶋務 「再選出馬」記者発表資料
スポンサーサイト
  1. 2007/02/17(土) 20:07:25|
  2. 政治|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

マスコミに叩かれた公約を掲げて 共産系候補が名乗り 向日市長選挙


 任期満了に伴う向日市長選(4月15日告示、22日投開票)に、日本共産党乙訓地区委員会などが参加する「新しい民主市政をつくる市民の会」から、元中学校教諭の杉本猛氏( 62歳 )が立候補すると、京都新聞電子版が伝えています。

その記事の中で「エー、うっそー、ホントー」と驚いたのは、昨年10月の大山崎町長選で当選した共産党町長が、「水道料金の値下げ」等々の公約を掲げたにも拘わらず、その後マスコミから「公約早くも後退」と揶揄されたものと同じ内容のものをひっさげていることです。

やっぱりこの方たち、「どこを切っても同じ顔の金太郎飴」にドップリ郷愁を覚えているのでしょうね・・・。


 以下は、京都新聞Web版からの引用です。

杉本猛氏が立候補表明  向日市長選
 任期満了に伴い4月15日に告示、22日に投開票される向日市長選に、元中学校教諭の杉本猛氏(62)が13日、無所属で立候補することを表明した。

 日本共産党乙訓地区委員会など21団体で構成し、自身も代表委員を務める「新しい民主市政をつくる市民の会」が立候補を要請していた。同市内で記者会見した杉本氏は「赤ちゃんからお年寄りまですべての市民を、急速に進む悪政から守りたいという強い思いがわき上がった」などと決意を表明した。

 府営水道協定の見直しによる水道料金の値下げ▽きめ細やかな福祉施策の展開-などを掲げたほか、教諭の経験を踏まえ、「現場の先生の声を大事にする教育行政を進めたい」と強調した。

 同市長選では、現職の久嶋務市長(51)が再選に向けてすでに立候補の意思を固めており、近く正式に表明する見通し。

 杉本氏は、京都工芸繊維大工業短期大学部卒。京阪電鉄勤務を経て、1970年から2005年まで中学校教諭。現在は、京都退職教職員の会乙訓支部事務局長を務める。向日市上植野町。

  1. 2007/02/13(火) 22:57:24|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

公明党・京都府本部が新築移転

 公明党・京都府本部が今月11日、これまでと同じ敷地内に新築されたマンションの1階フロアーに移転しました。昨年秋から工事中だったので寄るのを控えていましたが、今日、市長選挙対応のため久しぶりに訪ねました。シャレた内装で機能的な事務所になっています。
これまでは、来客を伴って訪れるのが少々気恥ずかしいほどの年代物の事務所でしたが、これで他党並みになりました(但し、面積は狭い)。しかし、公明党には資金が無いため、借り物件です。komeifuhobu-190213.jpg

尚、住所等はこれまで通りです。〒600-8883
京都市下京区西七条北衣田町47 TEL075-314-5556 FAX075-321-6762
  1. 2007/02/13(火) 16:27:33|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

舞鶴市長選 斉藤彰氏が当選

 任期満了に伴う舞鶴市長選が今日投開票され、先ほど10時10分発表の舞鶴市選挙管理委員会のホームページが、前自民党府議の斎藤彰氏の当選を伝えています。

同氏を含め、瀬尾純爾候補(舞鶴地労協事務局次長=共産推薦)馬場俊一候補(前市助役=自民推薦)小林哲也候補(前民主党京都府第5区総支部長=民主推薦)の4人が激戦を繰り広げ、投票率も前回平成15年の51.49%を大幅に上回る64.19%(選管発表)となった模様です。
舞鶴の公明党は、保守分裂で自主投票と聞いています。
保守分裂にも拘わらず、民主党は10日の 京都府連大会で「舞鶴市長選を弾みに(福山哲郎会長)」との目論見が頓挫、共産党は惨敗状態です。

舞鶴市選挙管理委員会 午後10時10分発表
   開票率: 100%
   斉藤彰  16,802票 当選
   馬場俊一 13,911票
   小林哲也 10,381票
   瀬尾純爾  5,423票
  1. 2007/02/11(日) 22:48:14|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久嶋氏、再選出馬へ 向日市長選

 今日の京都新聞朝刊に、「久嶋氏、再選出馬へ」の見出しで、17日にも立候補の正式表明するとの記事が載っていました。
その中で、「昨年末に市議会の一部与党会派から出馬要請を受けた。他の会派にも支援を求めている。」とあり、公明党も今後如何なる対応を取るか検討していきます。

 昨日、別のブログで「菅直人・民主党代表代行が、出生率を生産性と表現していた」発言について書きましたが、10付けの公明新聞「編集メモ」に「少子化担当相も批判 波紋広げる菅氏の『生産性』発言」と続報がありましたので、掲載します。
一番読んで貰いたいのは、社民党の辻本清美センセイです。何せ彼女は、「女性を産む機械と例えた柳沢伯夫・厚生労働相」に対して、「全国の女性全員を代表して辞職を要求する」と国会で抗議したそうですから。いつから「全国の女性全員の代表」になったのかは知りませんが・・・。
今のところ、菅直人・民主党代表代行は、4月の東京都知事選で石原慎太郎東京都知事に対抗する「民主党の最有力候補」だそうです。

 以下は、「編集メモ 少子化担当相も批判 波紋広げる菅氏の『生産性』発言」の全文(公明新聞:2006年2月10日付)

 出生率を「生産性」と表現(1月18日、愛知県で)した民主党の菅直人代表代行の発言が波紋を広げている。
  9日の衆院予算委員会では、高市早苗少子化担当相が、自民党議員に菅氏の発言に対する見解を求められ、「出産ということを生産性という言葉で表現するのは適切ではないと考える」と批判。

 また、9日付の「スポーツ報知」は「菅さんも失言『東京は子供の生産性低い』」と大見出しで取り上げ、「自民党のスキャンダルを攻撃すると、必ず同様の問題で民主党にも攻撃が返ってくる」として「民主党の“ブーメラン伝説”」「ブーメランを食らった菅氏」とこき下ろしている。
  菅氏は8日の記者会見で「生産性」発言について質問され、しどろもどろになりながら「自分がしゃべったこと全部は、言葉じりまでは覚えていない」と逃げ、「生産性が高い、景気がいい地域が、出生率の面では低いところが多いということは申し上げた」などと的外れな説明に終始。出生率を「生産性」と表現したことについては、ひと言の釈明もなかった。

 実は菅氏の「生産性」発言は、今に始まったことではない。昨年も地方紙のインタビューで「少子化問題でも、生産性が高い東京が、子どもの生産性は一番低い」(2006年7月8日付「山陰中央新報」)と答えている。その後も1月の民主党大会などで同様の発言を繰り返しているということは、菅氏は本心から出生率を「子どもの生産性」と見ているからではないか。
  菅氏の「生産性」発言は、まだまだ尾を引きそうな気配だ。
  1. 2007/02/10(土) 20:48:18|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

木村繁雄・府議会議員の代表質問

 木村繁雄・府議会議員(新政会)の代表質問を、府議会のホームページ・インターネット放送で見ながら、この原稿を書きました。
質問内容は、「農政問題、桂川右岸の浸水対策、府営水と乙訓地域の水道事業経営、旧向日町党が市制移行時のアンフェアな蜷川府政(不正が適字)の対応」でした。
いろは呑龍トンネルや府営水問題は一定推進されており、評価される質問でした。4年前の同じ時期に府議会で傍聴しましたが、・・・?。
  1. 2007/02/09(金) 23:35:06|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

向日、長岡京市長が、府知事に水道事業の健全化検討会設置求め要望

 累積欠損金(赤字)約7億3千万円(平成17年度決算)を抱える向日市廃道事業ですが、久嶋市長と小田・長岡京市長が山田啓二・京都府知事に対して「府と両市による水道事業の健全化検討会を設置」するよう要望した記事が出ていました。
明日の京都府議会の代表質問で、木村繁雄府議(新政会)も「府営水道の料金問題」などを質すと伺っています。

 奇異に感じたのは、この中に真鍋・大山崎町長が参加していなかったことです、乙訓2市1町は共通する課題についてこれまで協議を重ねてきていたにもかかわらず・・・。
前日7日の京都新聞洛西版には、大山崎町議6人が、真鍋町長に「府との協議や、乙訓2市との協調」を訴える申し入れ書(町議16人のうち、共産町議6人と議長を除く9人が署名)を提出したばかりなのに・・・。

真鍋町長は共産党員の町長さんですが、「何でも反対する」共産党だから、京都府への要望活動も反対したのでしょうか・・・。
それとも公約が実現出来そうにもない(水道料金の値下げ等)ので、敬遠したのでしょうか・・・。
更に解せないのは、府営水道導入前、共産党は「府営水導入反対」でしたよね。
なのに、この町長さん、「複数水源を持っているのは、町にとって大事なことだ。」とおっしゃっているじゃアーリマセンか。
今日はエイプリルフールかと、錯覚しそうでした。
  1. 2007/02/08(木) 22:37:35|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寝たり起きたり お忙しの民主党

 犬やネコなど動物の喧嘩は、相手が降参するまでトコトン闘いますが、民主党や他の野党はまさに「犬・ネコ」並みの見識しかないのでしょうかね・・・。
「柳沢発言」で揺れた(と言っても、マスコミや職務放棄の野党、辻本センセイらが騒いでいただけ)愛知知事選等も終わり、5日から国会審議に復帰するかと思いきや、野党4党欠席のまま、とうとう6日午後の参院本会議で06年度補正予算が、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立しました。
補正予算が野党欠席のまま成立したのは、佐藤内閣時代の「黒い霧解散」直前の1966年12月の臨時国会以来約40年ぶりだそうですが、ダイジンの言葉尻を捉えて、審議拒否・与党単独で可決という政治手法がいかに陳腐かを物語っています。

社民党や共産党が先祖返りして、審議拒否→国会空転→水面下で与野党折衝→野党のメンツを立てて審議復帰という「ナンセンス劇場」を懐かしむのは仕方がないでしょうが、「2大政党・政権交代」と喚き散らしている民主党までお付き合いしているのは、お粗末の極みですなー。むしろ「対案を提示し徹底討論、審議拒否はしない」と明言していた前原・前代表時代の方が、未成熟だったものの余程気骨があり的を射ていましたねー。
「大臣発言を逆手に取り、地方政治の選挙に悪のりする」野党の国会議員がこんな調子だから、向日市議会では逆に「国会で総理大臣に質すのが本筋のような質問を市長にぶっつけたり、市議に同調を求める」
トンチンカンな議員が出没するのでは・・・。

北九州市長選で勝った御仁は、民主党の現職衆院議員でしたし、昨年の福島県知事選や埼玉県知事・神奈川県知事、横浜市長は、皆さん元民主党の現職国会議員であり、民主党から地方自治体の首長になる例が結構目立ちますね。内部の人たちがもう「天下盗り」を諦め、民主党の自壊崩壊が始まっているのかな・・・。

 温室もなく例年春と秋に咲くカトレアが、暖冬で早々と開花、もう一株も開花寸前です。20070206203105.jpg

  1. 2007/02/06(火) 20:31:24|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

香川県観音寺市と坂出市を会派視察研修

 2月1、2日の両日、香川県観音寺市と坂出市を公明党議員団の会派研修を行い、それぞれ「水道料金の改定」、「介護保険の諸問題」を行政視察しました。後日、視察研修の報告書は、HPに掲載予定。
 坂出市では、研修後時間的余裕があり、在庁されていた松浦稔明(まつうらとしあき)・坂出市長を訪問、懇談する機会を得ました。
全国市長会などの主催で毎年「全国都市問題会議」が全国主要都市で持ち回り開催されていますが、平成7年私が議員に初当選した時に岐阜市で開催され参加しました。そのとき、「行政改革と、瀕死の市民病院の経営立て直し」を「一般報告」されたのが、松浦・坂出市長さんでした。「全国には、こんなにやる気と能力のある立派な市長さんもいるもんだ」と内心感銘を受けた記憶が残っていました。
その後の議員活動や行政への要望の基底には、このときの感動と経験があったのは事実です、何せ議員になる前は、「どうせ首長・議員なんて、任期を適当に過ごす気楽な稼業」ぐらいの認識しかなかったものですから・・・。因みに、この松浦・坂出市長さん、当初16億円の赤字を抱えていた坂出市立病院を、就任3年目ぐらいで単年度収支を黒字に転化(13年連続で赤字だった単年度の収支は、平成4年度以降連続黒字)させ、一般財源からの繰り入れは一切なしの「全国の自治体病院でも屈指の改善例」をもたらした優れた人物です。
また、一般行政改革も進め、「行革の何よりの収穫は、市民の皆さまから、職員がよく仕事をするようになったという評判をいただいていることであり、行政の信頼度という点で大きな成果が生まれつつあるということであります。」と「市政5月号(平成12年)」に手記を寄せています。事実、私どもの研修に応対された職員も、誇りをもって職務に励んでいる雰囲気も伝わってきました。

 耳が痛い御仁も多いのでは・・・。
20070204173339.jpg
観音寺市役所にて
20070204173437.jpg
坂出市役所にて
  1. 2007/02/03(土) 17:35:20|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

01 | 2007/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。