フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

これぞ、抵抗勢力のお手本だ

 今日から向日市議会12月定例会が開かれ、一般会計の補正予算や職員給与条例の一部改正、その他人事案件2件等が提出されました。
その内、向日市職員の給与に関する条例の一部改正案は、平成17年度の国家公務員給与に関する人事院勧告に準じて「官民の給与格差是正」のため一般職員の給与を0.36%下げる、また通勤距離2km以内の職員に支給されていた通勤手当1,000円(月額)を廃止するもの等々であり、結果として平均2,300(年額)引き下げにつながり、国や地方自治体の極めて厳しい財政事情を鑑みれば概ね是認されるものです。
しかし、市長や助役等の給与に関する条例の一部改正案では、期末手当の支給率を0.05ヶ月分引き上げるものでした。一般職が下がるのに管理職がアップするのは、市民感情からして如何かと思われます。
一方、向日市長以下の5役は、財政難から給料の0.05ヶ月分を数年に渡り返上しており、許容すべき面もありますが、問題は、市議会議員の期末手当の支給方法に関しては、「向日市長、助役、収入役および水道事業管理者の給与に関する条例の適用を受ける職員の例による」との条例に定めがあり、この条例が成立すると、賛成した議員は「お手盛り」の批判を受け「同罪」となります。

 公明党市議団は、衆院選で自民・公明の与党を圧勝させた国民の声、行政改革の遂行とスピードを期待するの世論の支持を念頭に、また国会議員の歳費も縮減された背景も考え、「ともに痛みを分かちて改革に邁進すべと」と、ふちがみが反対討論を行い条例案に反対しました。
市政の安定と発展を願う公明党市議団が、市長提出の案件に反対するのは極めて珍しいことですが、これぞ正真正銘の「是々非々の対応」です。肝心なときには、苦言を呈します。

 日頃、是々非々を叫ぶ諸君は、賛成に回りました。
また共産党議員は、国会では人事院勧告に反対しながら、向日市議会では「市職労が合意している」との珍妙奇天烈な論理建てで賛成しました。まさに、小泉総理が唱える「官公労に支援されている政党は、既得権益擁護の守旧派、抵抗勢力」の構図そのものの場面でした。
一方、どさくさに紛れて「市議の報酬が、11年間も上がっていない」とおっしゃった議員もいると委員長報告でありました。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 23:45:40|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんな生徒の親の顔が見たい

 今日の午後、議会事務局経由で向日市教育委員会から、「本市中学校生徒の問題事象について」のFaxが入りました。
内容は、向日市立中学校の2人が「自動車窃盗、無資格運転、自損事故」を起こし向日町警察署に身柄を保護されているとの内容です。
 ネットニュースでも流れていますが、「数日前に資材置き場の事務所からトラックの鍵を盗んだ」中学2年の男子生徒が、1年の男子生徒とともに「荷台に載せたパワーショベルの先端を地面に引きずりながらトラック」を運転し横転したとのことです。
「運転したかった」という動機だそうですが、時代は変わりましたな。昔なら、ワル・不良の無免許運転と言えば、「スポーツカーや乗用車」でした。この中学生は、パワーショベルを盗んで銀行のATM破壊でもやろうと思ったのでしょうか。
 古きよき時代ならば、こんなワルがいたら「親の顔が見たい」という反応でしたが、ギスギス社会で異常報道の現代は、「市教育委員会と学校への取材」から始まりました。まもなく始まる12月市議会でも「市教育委員会と学校長」の責任をとやかく言う光景が目に浮かびます。
  1. 2005/11/21(月) 23:42:32|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強度偽造 だから無くならない「死刑廃止」

 千葉県市川市の姉歯建築設計事務所が偽造した構造計画書に基づき建築されたマンションやホテル等が、「地震による倒壊の恐れ」があるとの「信じられない話」が報じられています。
今日更に加えて、船橋市にある賃貸マンションは「震度5強の地震で倒壊の恐れがある」とみられていたところ、国土交通省が再調査した結果、仮に地震が起こらなくても、長期的に見れば、マンションの建物の重みや、家具、住民などの重量に耐えかねて、部分的には、柱や梁がたわむ可能性があると報道されました。
 我々の記憶にある「米ニューヨークの世界貿易センタービルのテロによる崩壊、数千人の犠牲者」の光景が、まさに日本の首都圏で、しかも日常的経済行為の中で、平然となされようとしていたことです。
我が刑法では、「未必の故意は故意犯同然」とありますが、この一連の「生命軽視の経済行為」が、単なる過失や商行為上の行き違いでは済まされません。一方、これを政治的に活用しようとする集団の暗躍もまたぞろ出始めました。
 平穏な市民生活を恐怖に陥れている今回の件は、極刑に値する。
  1. 2005/11/20(日) 23:58:15|
  2. 経済|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

やっぱりバラバラ民主党 中国から抗議

 前原誠司・民主党代表は、党首討論等で小泉総理の靖国参拝を批判し「東アジア外交の不在と頓挫」を厳しく指弾しました。しかし、執行部の野田佳彦・民主党国対委員長が、10月17日の「政府への質問主意書」の中で、前原代表の顔に泥を塗るように「A級戦犯は、国会決議で名誉が回復されており、合祀を理由とした靖国参拝反対は論理破綻」と持論を展開しました。
 案の定中国政府は、民主党に強く抗議し、民主党への不信感を表明しています。
野田国対委員長は、9月の党首選で前原代表とタッグを組んだ「世代交代派」の仲だったのでは・・・。どこまで続く泥濘ぞ・・・。
  1. 2005/11/12(土) 23:20:49|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

総務委員会の視察研修

 11月9日と10日の両日、向日市議会総務委員会の視察研修があり、広島県呉市(視察テーマ:市民協働推進の取り組み等について)と同県大竹市(視察テーマ:行財政システム改善大綱について)を訪問しました。8月の役選による一部委員の入れ替えがありましたが、好天にも恵まれ、有意義な研修でした。呉市では直前の11月6日の市長選で市長が交代しましたが、新市長も行政改革をより推進していく姿勢だそうで、担当者に幾分のとまどいも見受けられましたが、「市民と行政との協働」関係は今日的課題であり、よりよいものが今後構築されるでしょう。視察報告書は、作製次第ホームページに掲載します。

 呉市では、公明党広島県本部第2総支部連合女性部主催のレディースフォーラム「音楽療法」に出席していた公明党の浮島智子参院議員に偶然出会いました。
  1. 2005/11/11(金) 23:16:58|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マドンナは、やはり与党でないと花咲かず

 自民党は「幹事長補佐」に、9月の衆院選で初当選した佐藤ゆかりさんを起用する方針のようです。既に「小泉シスターズ」のうちで、ブルーの勝負ドレス・猪口邦子さんが少子化担当相に、女性初の元主計官で遣り手の片山さつきさんが経済産業政務官に就任しています。国会議員に選出された女性は、マスゴミ等で揶揄されがちですが、それなりの経歴・見識・政治認識を有していますが、それらを活用させる場がなければ、只の「人寄せパンダ」に成り下がります。
 かつて、土井たか子・旧社会党党首が平成元年7月の参院選の結果「山が動いた」との名台詞を吐きましたが、悲しいかな万年野党の旧社会党では彼女たちの活躍の場・飛躍の場面は与えられませんでした。その後の経過は宝の持ち腐れ状態となり、見るも無惨に消滅しています・・・。
 第3次小泉改造内閣では、松あきら参院議員が公明党の女性議員としては初めて副大臣になり、経済産業副大臣に就任し、また、古屋範子衆院議員が総務大臣政務官に就任しています。
  1. 2005/11/07(月) 23:45:04|
  2. 政治|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

野党第一党の党首が与党の応援団とは

 第3次小泉改造内閣が、31日よる発足しました。公明党からは北側一雄・国土交通相が、「我が国の構造改革を加速させる」公明党の代表としてかつ巨大与党のチェック役として留任し、引き続き国土交通相の職責を担うことになりました。

 この改造で首相は「ポスト小泉の後継者に改革を競わせる」として、下馬評の高い安倍晋三氏(官房長官)や谷垣禎一氏(財務相)、麻生太郎氏(外務相)を、また与謝野馨氏(経済財政・金融相)や竹中平蔵氏(総務相・郵政民営化)を引き続き閣内に取り込みました。

 印象としては、孫悟空がお釈迦さんの手のひらで踊らさていたように「三蔵法師と孫悟空、猪八戒型内閣」とか、「小泉総理の任期延長仕掛け内閣」の思いがします。下司の勘繰(かんぐ) りですが来年9月末の総理総裁の可能性順位は、1位小泉さん、2位中川秀直・国会対策委員長、3位安倍さんでは・・・。

 とまれ、改造内閣の人事に対して民主党の前原代表が、好意的に評価しエールを送るという極めて異例な発言をしました。
やはり「松下政経塾」出身者は本質的に「新保守主義者」であり、この代表が民主党に所属していることが不思議ですな・・・。彼が、今総選挙で初めて国政を目指していたなら、多分「自民公認」ではなかったでしょうか。
  1. 2005/11/01(火) 23:28:22|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

fuchy

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。