フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

国会議員の値打ちも下がったね、第2新党「日本」が旗揚げ

 郵政民営化法案に反対した小林興起・前衆院議員と荒井広幸・参院議員(いずれも自民党を離党)らが、田中康夫長野県知事を代表に担ぎら第2新党「日本」を立ち上げました。
古来窮地に陥った人士の愚かな行動として、「窮鼠猫をかむ」とか「溺れる者ワラをもつかむ」との俗諺で言い表されていますが、自ら国会議員の権威も値打ちも政策もかなぐり捨てた「故障した潜水艦(二度と浮上できない)」さながらの様相を呈しているのが、この第2新党設立劇ではないでしょうか。
 石原慎太郎・東京都知事のように元国会議員で旧運輸大臣経験者を党首に担ぐならまだしも、「ポット出で知事になり、相次ぐ下心丸見えのパフォーマンスで時間稼ぎをしていても、県政の停滞は覆いがたく、県民からは見捨てられつつある(支持率が低下)」この知事さんを代表に担ぐとは、担ぐ方も担ぐ方なら、担がれる方も担がれる方です。
「改革派おさがわせ知事と現状維持派国会議員とのメルトダウン」、公示直前の一発限りの打ち上げ花火か、はたまた線香花火が燃え尽きる直前の最後の輝きか・・・。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/21(日) 23:16:16|
  2. 政治|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

fuchy

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。