フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホリエモン氏投入 ヤルねー小泉さん

 衆院選の最大の争点「郵政民営化」が内包する爆弾は、「公務員制度改革」や「金融資産の効率的運用」、「国の政策決定」等を構造的・根本的に変えていく突破口になることにあります。そのため、小泉執行部は、自民・民主等の反対派の徹底したつぶしにかかり、小池百合子・環境相や舛添要一・参院議員の元嫁さんを「刺客」に指名しましたが、これだけでは「小泉総理の怨念・執念・復讐劇」であり、自民党内内輪もめにしか過ぎません。
 しかし、昨日あたりから、「ホリエモン」ことライブドアの堀江貴文社長が、自民党から衆院選の出馬要請を受けているとのニュースが流れ、「小泉戦略」の凄まじさを感じます。
なぜなら、「ホリエモン」氏が日本放送やフジテレビ相手の仕手戦を仕掛けたときに、賛同した最大の層は40~50代の男性・会社員であり、民主党を支持している「改革派」無党派層と完全に一致しており、そこをターゲットにしているからです。
ご本人は「衆院選出馬の可能性ある」と語ったそうですが、正式に立候補するか否かは問題ではなく、この爆撃は、「菅直人・元民主党代表あたりが言うような自爆解散」ではなく、「敵陣・民主党の陣営奥深くまで絨毯爆撃」するまさに「21世紀の桶狭間の闘い」の様相を呈しており、フッチーはその戦略・戦術にうーんと呻り感心しています。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/16(火) 23:46:45|
  2. 政治|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。