フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2通りの住基ネット訴訟判決、でどっちなの?

 住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)とプライバシー権を巡る住民訴訟で、相異なる地裁判決が出ました。
31日の名古屋地裁では、「住基ネットはプライバシー権を侵害し憲法違反」として、愛知県住民13人が県や国などを相手に、個人情報の削除や損害賠償などを求めていた訴訟に対して、名古屋地裁・西尾進裁判長が「住基ネットの必要性にかんがみれば、情報のみだりな収集、開示が行われているとは言えない」として、原告側の請求を棄却しました。
一方30日の金沢地裁では、石川県内に住む28人が国や県、住基ネットを管理する「地方自治情報センター」を相手に、個人情報の住基ネットからの削除や損害賠償などを求めいてた訴訟の判決で、井戸謙一裁判長は「住基ネットからの離脱を求めている原告らに適用する限りにおいて、憲法13条(個人の尊重)に違反する」とし、石川県と同センターに対し、原告の個人情報の削除、行政機関等への情報提供差し止めを命じました。慰謝料請求については棄却しています。
 一審段階では、異なる判決が出ることはままありがちですが、理解しがたいのが、金沢地裁の判決文です。判決要旨(朝日新聞)によると、
「プライバシー権の侵害について」の項で、「住基ネットは、住民らの自己情報コントロール権を侵害している」と述べながら、「自己情報コントロール権も無制限に保護されるわけではなく、公共の福祉のために必要ある場合には、相当の制限を受けることはやむを得ない」とあります。つまり、「公共の福祉による必要な相当の制限」があるのは、合法であり、合憲性を有していると言わなければ、全く矛盾した言葉遊びに堕します。また、「住基ネットによる行政の効率化を軽んじた」かのような箇所もあり、「行政の効率化推進」に対する時代錯誤も甚だしい判決です。
また、「住基ネット訴訟の原告団」のHPを拝見すると、護憲派-市民運動-反体勢運動の構図が、透けて見えてきます。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 23:01:11|
  2. 社会批評|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0

ズッコケ民主の審議拒否、選挙違反もなんのその仙台市長選へ

 26日午後の衆院本会議で郵政民営化関連法案の趣旨説明と質疑が行われ、27日衆院郵政民営化特別委員会(二階俊博委員長)で審議が始まりました。与党の自民、公明両党は兎も角、野党の「何でも反対」の共産党が出席しているのに、民主、社民両党が欠席・「審議拒否」すなわち寝ています。「欠陥法案」と指摘するのならば、国会で堂々と徹底審議し、小泉政権を立ち往生させていくのが常道でしょうが、余程自信がないでしょう。
或いは、民主党は、審議拒否に続く第二第三の国会戦術の秘策を練っているのかと思いきや、岡田克也代表は30日、仙谷由人政策調査会長(『次の内閣』ネクスト官房長官)をはじめ、達増拓也ネクスト文部科学大臣、前原誠司ネクスト防衛庁長官、古川元久政策調査会長代理(ネクスト副官房長官)、肥田美代子・松本剛明・松本大輔・泉健太各衆議院議員、広中和歌子・福山哲郎・松井孝治・鈴木寛各参議院議員らを大挙引き連れて、京都市の御所南小学校や子育て支援総合センターなどを視察し学校給食をご賞味していたとのことです。 「万年政権準備党」の看板を捨てて、「抵抗政党(旧社会党の見せかけの駄々っ子)」に方向転換したのでしょうかね。
こんな政党の体質だから、2003年11月の前回衆院選挙(宮城2区)で再選されたが、選挙違反事件で労組幹部の有罪が確定した昨年12月に議員辞職した、民主党の鎌田さゆり前衆院議員(40)が29日、仙台市で開かれた支持者との会合で、7月31日投票の仙台市長選に無所属で立候補することを表明する茶番劇が発生するのです。
 今年3月仙台高裁が、同区での立候補を5年間禁止する判決を言い渡したました。公職選挙法では、同区以外の選挙区や別の選挙への立候補はできますが、市長選の選挙区は、選挙違反で辞任した衆院選挙地域と一部は重なっており、鎌田さゆり氏の厚顔無恥・破廉恥と、また、彼女を担ぐ支持者の政治的感性を疑いますね。法の趣旨は、5年間は一切の立候補は遠慮し、反省謹慎しなさいよという意味です
ましてや、鎌田氏は国政に出るとき、「地方政治に限界を感じたから」と言って国政に進出しておきながらの再度地方政治の舞台へ舞い戻ろうとする豹変、あっけにとられますね。もっとも、先の統一補選で落選した門間さんの事務所で、鎌田氏は「私は街の中では逆風を感じなかった。ありがたいぐらい励ましを受けた。(議員辞職で)けじめをつけたことで、少なからずお許しをいただいた」とヌケヌケとしゃべる傲岸不遜な御仁ですから、これもさもありなん・・・。
  1. 2005/05/30(月) 23:46:32|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アルミ缶の回収で、資源の有効活用と地域福祉の向上

 午前9時から、市内のボランティア「向日グループ」の方達と、アルミ缶の回収活動に参加。この運動は、毎月末日曜日にアルミ缶の回収を行い、その収益金で介護備品や福祉用品を市内の福祉施設に贈呈し、併せて資源のリサイクルとその啓発に取り組んでいるものです。20050531142145s.jpg

  1. 2005/05/29(日) 22:20:29|
  2. ボランティア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝日新聞の虚偽報道

 昨26日の朝日新聞朝刊に、「公明、首相に靖国参拝自粛を要求 日中関係の改善促す」と題して、以下の内容の記事が掲載されました。

 公明党は25日、中国の呉儀(ウー・イー)副首相の突然の帰国などで悪化した日中関係の改善に向け、小泉首相に靖国神社参拝の自粛を党として求めることを決めた。これまで神崎代表らが記者会見などで参拝中止を求める発言は繰り返していたが、首相に前向きな反応がみられないため、首相側に働きかけを強める必要があると判断した。  (中略)  公明党幹部によると、神崎代表らが日中関係の改善に向けた対策を協議した結果、首相が靖国参拝を自粛するしか解決策はない、との結論に達したという。同党幹部の一人は25日、「この局面の関係悪化は、すべて首相の衆院予算委での答弁が引き金だ」とも語った。また、別の党関係者は、支持団体の創価学会を通じて首相側に理解を求める方策も検討しているとしている。

 紙面を一読すれば、政党である公明党の要求は自然であるが、それにかこつけ、「宗教団体である創価学会」が総理の政治的信念と政治姿勢に対して「圧力」を加え「方向転換」を促し、「政教分離原則」を踏みにじる行動に出るかのような印象を与える極めて悪質な内容です。
 公明党の冬柴鉄三幹事長は26日昼、国会内で開かれた代議士会で、過去4回の小泉首相の靖国参拝に対する党の対応に触れ、「(毎回)参拝をやめてほしいとの趣旨の談話などを出してきた」が、「党として会議を開き、首相に(改めて自粛を)言おうと決めた事実は一切ない」と否定し、また支持団体の創価学会を通じて首相側に理解を求める方策も検討しているとの報道についても、「そんなことはあり得ず、(事実無根の報道は)非常に迷惑だ。そういう発想は頭の隅にもない」と不快感を示し強く批判しました。 
NHKに対する虚偽報道(その後朝日からの訴訟や続報はなく、沈黙を決め込み)や、今回といい、この朝日新聞社の悪質な無頼漢的体質は直りませんね・・・。
  1. 2005/05/27(金) 22:52:30|
  2. マスコミ報道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

向日市議会が開会

 向日市議会平成17年第2回定例会が今日開会し、450万円の一般会計増額補正予算案や「各会計や条例専決処分」、人権擁護委員の再任案件が提出され、注目の「水道料金改定」は「当分の間の見送り」で提出されませんでした。
久嶋市長にとって「吉と出るか、否か」は、現在のところ予測が出来ませんが、先送りであることは事実であり、本市にとって痛い棘のままです。
  1. 2005/05/26(木) 23:32:28|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

5月の党支部会と都議会百条委員会

 党支部会を、向日市民体育館で開催。専らの話題は7月の首都決戦に集まり、今日付の公明新聞の記事「東京都議会の百条委員会」について、党員の有志が「都社会福祉総合学院の運営に関してヤラセ質問と補助金の違法性を示唆する答弁」をした浜渦武生副知事と、「内田茂都議会議長の忠告制止を無視して質問に踏み切った都議会民主党の政策責任者である富田俊正政調会長」を指弾しました。
根底には、石原知事の側近政治による専横と弊害、苦し紛れの演技・パフォーマンスでしか存在感を出せない無様な民主党の体質が横たわっています。
  1. 2005/05/25(水) 23:14:38|
  2. 党活動|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

更紗空木(サラサウツギ)が開花

 更紗空木が開花しました。花弁の外側が薄紅色で内側が白色、八重の花が下向きに咲いています。昨年秋に苗を買ってきたのですが、繁殖力旺盛とはいえ開花を見るまで不安でした。
今年の「我が家の花ヒット10」に入ります。20050527215444s.jpg

  1. 2005/05/23(月) 21:52:50|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

向日市水道料金改定の議案、提出されず-共産党の○○の空騒ぎ

 平成17年向日市議会第2回定例会が、5月26日に招集されますが、開会1週間前の議会運営委員会が、本日開催されました。
最大の焦点である「改定版・向日市水道事業経営改善計画に基づく向日市水道料金改定への条例一部改正案」が、提案されませんでした。同議会運営委員会では、「値上げ反対」を絶叫している共産党委員から、「まるで値上げをしない市長は、駄目」と錯覚するような執拗な質問があり、紛糾したとの報告を受けました。
昨年12月定例会前と今定例議会前に、共産党は、大々的に「反対署名運動」や「街宣活動」を展開していましたが、議案の未提出に対して、前回はまさに「肩すかし」、今回は「明石家さんま氏の恋の空騒ぎのパロディー版、共産党のバカ騒ぎ」に終わりそうです。
 京都府営水道導入という議会(共産党を含めて)の賛同、それを契機とした設備投資、そしてその一定の負担は、資本主義社会や経済では自明の理ですが、なぜか向日市-乙訓2市1町の議会では、すんなり通りません。ましてや、市民の生命と生活を支える根本的な社会インフラ・上水道の整備と一定の負担、そして本市100年の大系を、政局がらみの問題にすり替える一部議員の存在と不見識、まさに、国政上の「郵政民営化法案」に対する与党内抵抗勢力と反対のみの野党(民主・共産等)と軌を一にする構図です。
 今回、料金改定案の見送りは、向日市議会の反対勢力の暗躍で否決が予測される状況が最大の理由と思われますが、このツケは近い将来の市民負担として加重的にのしかかってきます。国会や向日市議会の反対勢力・抵抗勢力の皆さん、その責任をしっかりと受け止めて頂けますか・・・。まさか、その時点で、「私はあのとき賛成派だった」との2枚舌を使わないでしょうね・・・。そう切に願っておきますよ・・・。
  1. 2005/05/19(木) 23:52:27|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これじゃJR西日本を笑えない

 夜7時からの地域の会合に、京都市伏見区に出向きました。
こちらが少なからぬ混乱を来した運営上の不手際があり、それを指摘しましたところが、その責任を追及したわけでもないのに、申し訳ないの一点張り・・・。

 人の行動には一定の過失・ミスがつきまとうものであり、それを如何に防止するかが問題なのであり、その体勢づくりにエネルギーを注がねばならないのに、責任逃れの言辞を弄するような姿勢では、JR西日本の企業体質を指弾できませんね。こんな気持ちを抱いて帰宅しました。
  1. 2005/05/18(水) 22:06:08|
  2. 地域|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の象徴 トキ草が開花しました

 桜と並んで日本を象徴していたニッポニア・ニッポン 朱鷺は、昭和56に野生種が絶滅しましたが、その名を冠した山野草の「トキ草」が開花しました。イカリソウ、サギソウとともに愛すべき可憐な花ですが、京都の過酷な夏と冬を越すのが難しい植物です。イカリソウは今春も花を咲かせ現在も繁殖中ですが、トキ草・サギソウの越年に苦労しています。
 若い頃、春の芽生え、夏のお花畑、秋の紅葉、冬の雪化粧を愛でつつ登山に熱中しました。都市部に住む一部の人々が、政治的スローガンとして唱える「自然」は、二次・三次的な人工的な自然でしょう。いわば加工的自然であり、その保護・保全のために各種の政策を阻止するため、本来の自然保護の根本的解決に至らないのは当然かと思いますね・・・。
「国やぶれて山河あり」の杜甫とは異なり、「向日市亡んで三次的似非自然あり」の姿にはしたくはないですね・・・。20050519210749s.jpg

  1. 2005/05/17(火) 21:05:42|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

セパ交流戦と一リーグ制、何処が違うの?

 これは全て個人的な感想ですが、最近の日本プロ野球が、全く面白くない。根っからのファンである「読売巨人軍」が、セ・リーグ最下位を低迷していることが原因ではありません。
 現在、セ・パ両リーグの交流戦が展開されていますが、はしゃいでいるのは「打倒読売新聞」に燃える朝日新聞・テレビ朝日ぐらいではないかと冷ややかに見ています。
サッカー・Jリーグのように元々単一リーグならばともかく、戦後まもなく2リーグに分裂した日本プロ野球は、日本シリーズで各リーグ優勝チームが対決し、勝敗は兎も角「それぞれのリーグの個性」を反映した興味深い闘いでした。それが、今回の交流試合で、興趣が削がれました。
アメリカ・メジャーリーグでは、既に交流試合が行われていますが、チーム数の増加・大陸での移動時間とスケジュールの調整困難が原因だと思います。そして何より、「野球」と「Base ball」のスポーツ観の違いでしょう。反米感情は元よりありませんが、単純・単細胞で、「力と力の激突を好むアメリカ人気質」ならばともかく、野球に「哲学・人生観、人間観等」を持ち込む日本人(最近の青年バカはともかく)には、単なるガチンコ勝負の交流戦には気が乗りません。
 フジテレビの野球解説者の江本氏(元民主党国会議員)の毒舌が、冴えませんね・・・。選挙で落選した故か、過去のプロ野球批判による自己規制なのかは分かりませんが。本音を言って欲しいですね。
 もうひとつ、最近の日本プロ野球が全然面白くない理由として、松井秀喜嫌みな鈴木一郎、我が儘野茂投手等のスタープレーヤーのアメリカ流出でしょうね。かつて、ON引退後もスター選手が不在で、このような気分を抱きました。
清原選手は「日本プロ野球全体を引っ張る決意」で頑張っていますが、昨年の古田選手主導のスト(日本プロ野球の発展と2リーグ制の維持)にもかかわらず、その後の阪神・井川投手や巨人・上原投手のゴテやふてくされ等があり、あんたらどうぞご勝手に・・・です。
  1. 2005/05/15(日) 23:01:51|
  2. 社会批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

乞う!男性専用車両の運行を

 5月13日付の公明新聞に、「首都圏9社で女性専用車両」が順調に導入されており、9日の導入初日には、小田急線の利用状況を、浜四津敏子代表代行等が、視察した記事が掲載されていました。
 女性専用車両は、関西地域では早くから導入されており、遅れていた首都圏や関東地域での導入に、公明党が強く働きかけ実現した実績です。
 小生、職住密着の議員生活に入って以来、殆ど朝夕のラッシュ時の公共交通機関に乗り合わせることが無く、たまに電車に乗ると「異様に男性乗客がいなくて、ハット気づく経験」がしばしばです。
満員電車で不埒な男性からの変態行為が多くて、このような社会現象が起きたのでしょうか・・・。ということは導入時期から考えて、関西は関東より、「痴漢・変態・異常人間」が多いとの証明になるのでしょうね・・・。 ともあれ、女性専用車両があるならば、「男性専用車両」もあってしかるべきとは思いませんか。50代の半ばを過ぎた「たまに電車に乗るオジサン」にとっては、
 1.若い女性の奇抜な服装
 2.見てくれよがしの姿勢で座っている女性に限って、偶然視線が合うとイヤーな目つきで睨み返
  す(私は、アナタに興味はありません)。
 3.人前を憚らずイチャツク若い世代の動物的・即物的愚行
 4.「ブランド製品を買ってきたとのデモンストレーション」なのか、やたら人前でガサツクオバチャン(自宅
   に帰ってやれ・・・)。
 5.化粧の臭いがドキツイ女性族(老若を問わず)
等々、全く不愉快千万
です。
序でに、「釣り銭を放り投げて寄こす、コンビニやスーパーの女性店員とその経営者」に言いたい。客が買うから経営が成り立っているのであって、社会人・商業従事者として良識ある店頭姿勢があってしかるべきでしょう・・・。
こちらだって内心思っているのです、「アンタみたいなブス女に、指1本さえも触れたくないのよ・・・」。
 コンビニやスーパーの経営者諸氏さん、今回のJR福知山線脱線事故での「JR西日本経営者のお粗末な対応」を人ごととは思えませんよ。
何故なら、コンビニやスーパーでは、「釣り銭を放り投げる行為、つまりは客を客と思っていない異常な会社風土が蔓延しているからです。
以上は、私は議員になる前に、サービス産業に関与していた経験からの苦言です。
  1. 2005/05/13(金) 23:52:33|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

憲法前文と北朝鮮核開発問題

 北朝鮮は本年2月、「核兵器を保有している」と宣言しましたが、昨11日北朝鮮の朝鮮中央テレビは、北朝鮮の外務省スポークスマンの話として、核兵器増産を目的に「8000本の使用済み核燃料棒を取り出す作業を短期間で終えた」と伝えました。
そして、この6月には核実験に踏み込むのではとも報道されており、北朝鮮の一連の発表・宣言は、我が国のみならず極東・東アジアの安全保障にとって、極めて憂慮すべき暗雲をまき散らしています。
これらが、いわゆる北朝鮮特有の「瀬戸際外交-虚仮威し」なのか、核開発の実態を正確に反映した政治的モニュメントなのかは、分かりません。
しかし、北朝鮮の国内恐怖政治(収容所国家)や、国際法違反の犯罪国家(拉致事件、麻薬、通貨偽造)、孤立した独善国家の姿を見せつけられるに付け、我が日本国憲法の前文第2項「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」が何とも空疎な作文としか思えません。
また、自称護憲派を任じ、前文や第9条の擁護者として振る舞っている共産党や社民党(旧社会党)が、北朝鮮労働党となにがしかの交流を長年に亘り続けてきた友党であること・あったことも、単なる偶然とは思えません。
  1. 2005/05/12(木) 23:17:14|
  2. 憲法改正問題|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、日本人のイヤ-な国民性

 JR福知山線・脱線事故での死傷者やそのご遺族・ご家族並びに関係者の方々には、何とも申し上げる言葉もありません。
しかし脱線転覆事故以来、レール上への置き石事件(小学生までもがやっている)や、JR職員や乗務員への暴行・暴言・傷害事件が多発しているそうです。
 この事故で問われるべきは、JR西日本の「利益至上主義と競合私鉄との競争原理で、蔑ろにされていたといわれる人命第一主義と安全対策の欠如」や「社内の危機管理体制の致命的欠陥」、「旧国鉄時代と何ら変わらない組合幹部の無責任体質-脳天気気分(事故直後に民主党代議士を交えての宴会)」でしょう。
 ご遺族や負傷された方々の関係者への哀悼・同情等々の感情は当然理解できますが、レール上への置き石や乗務員への言われ無き暴行等々の行為、日本人の根性も地に落ちましたね・・・。
 こんな恥知らずの無法行為をするような日本人では、中国での4月反日デモで、「日本系商店のウインドウを、飛び蹴りして破壊したバカ中国人(テレビで繰り返し放映されましたね)」を笑えませんね。
 少々気の早い話ですが、「ウインドウ破壊のバカ中国人」と、正体未詳の「JR乗務員・職員への暴行者」および「レール上へ置き石した極悪人」を、「21世紀バカ人間大賞・平成17年度の候補」に推薦します。
  1. 2005/05/11(水) 23:05:13|
  2. 文明批評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

椿の若葉が清々しい

 6年前、園芸店で買ってきた「紅鳥花(こうちょうか)」がやっと花を咲かせました。また義兄から貰った孔雀サボテンも昨年と同様開花しました。
 紅鳥花のこの6年間を見るにつけ、「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」(唐・劉希夷)ではありませんが、「年年歳歳花同じからず」であり、更に花ばかりではなく椿や紅葉の新芽・若葉は、瑞々しく今を盛りに誇っています。
 昨日も地域のAさんが、見事な「心の大輪」を咲かせました。
 本日の朝日新聞のコラムで、マックス・ウエーバーの格言「政治家の要諦は、情熱と判断力・・・云々」とありましたが、政治家のみならず個々人の人生も、その道の奥底は「情熱と判断力そして根気」でしょうね・・・。
20050510234724s.jpg

  1. 2005/05/10(火) 23:43:06|
  2. 地域|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スズラン、タイツリ草が開花

 ゴールデンウィーク真っ只中、陽気の方は暑かったり肌寒かったりですが、スズランとタイツリ草が咲きました。その他、ホタルブクロ、ラベンダー、黄梅花、藤の木、立浪草も花開き、その他名前が不明のものも2,3咲いています。
一方、白梅に鈴なり状態であった梅の実が、ぼろぼろ落ち後2,3個しか付いていません。
実生のカリン、朝顔
等が芽を出しました。20050504195912s.jpg

20050504195927s.jpg

  1. 2005/05/04(水) 23:55:40|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

憲法記念日に因んで

 今日は「憲法記念日」、日本国憲法公布58年目に当たります。 
公明党も、全国各地で「憲法を考える街頭宣伝活動」を展開し、また、「憲法記念日アピール-未来志向で、国民と共に真摯で堅実な憲法論議を」との見解を発表しました。公明党の「憲法改正への公式見解」は、要約すれば必要に条項を追加・修正していく加憲論です。
各党もそれぞれの立場でアピールや声明を出しており、全面改正の自民、全面改正だが何故か「創憲」という民主、教条的護憲(一言一句も変えない)の社民、本質的に改憲だが何故か護憲派という国民騙しの共産等々と、百花斉放気味(但し国会議員やその周辺部が喧しい)の感があります。
一方、マスコミ報道は、特に本質的に現状維持派・臆病なマスコミは、「各地の九条の会」がらみの記事を掲載しています。この「九条の会」、マスコミによく採り上げられている割には、世論調査で護憲派が増えていません。むしろ減少気味です。まさに長期低落状態であり、どこかの政党の特徴と一致しています。そう、日本共産党ですね。共産党は、本日、全国紙に一面全面広告の手法で「九条の会」をアピールしていました。
語るに落ちたとはこのことであり、文化人や著名人を前面に出してはいるものの「九条の会」の正体、実は日本共産党のダミーと受け取られても仕方がありませんね。
  1. 2005/05/03(火) 22:20:23|
  2. 憲法改正問題|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JR福知山線脱線事故と北側一雄・国土交通相

 兵庫県尼崎市でのJR福知山線脱線事故は、何とも痛ましい事故であり、亡くなられた方や負傷者、マンション住民、近辺の市民や住民、また当該運転士や車掌さんには、何故こんな事故が起こったのか、何とも言葉がありません。原因の追及を徹底的にして頂かなければなりませんが、JR西日本の「利益至上主義」が槍玉に挙がっています。しかし、民営化された民間会社・JR西日本に対して、利益を無視してまでもの安全対策上の措置を追求するのは、例え公共交通機関としてでも酷な気がしないでもありません。事故直後でこんなことを言うのは気が引けますが・・・。ただし、管理体制の欠陥があったのは、報道に接する限り、紛れもない事実のようです。
 公明党出身の北側一雄・国土交通相が、「福知山線の運行再開は、新型自動列車停止装置(ATS-P)の設置が前提条件」と、毅然とした対応でJR西日本にゲンコツ入れたのは、評価されます。
 それにしても、北側一雄・国土交通相は憑いていない。昨秋の就任直後の台風21号の兵庫・京都への直撃災害、新潟中越地震、そして今回のJR福知山線脱線事故、4月30日の閉鎖中の羽田空港A滑走路に日航機を着陸させた管制ミス等続発状況です。もっとも、前任者の石原伸晃大臣時代も、日本道路公団の民営化問題で「サンドバッグ状態」でしたが・・・。
  1. 2005/05/01(日) 21:59:46|
  2. 政治|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

fuchy

04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。