フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

堤容疑者の逮捕、また始まったマスコミの悪い性・墜ちた偶像叩き

 昨日と今日、新聞やテレビのマスコミ報道のトップニュースは、前コクド会長・堤義明容疑者の逮捕で埋められました。
3日、東京地検特捜部が、西武鉄道による有価証券報告書の虚偽記載や、インサイダー取引による証券取引法違反容疑で、グループ中核企業コクドの前会長を逮捕し、同鉄道やコクドなどグループ企業への家宅捜索をしたとの記事です。
 常々思っていることですが、田中角栄・元首相逮捕劇のときもそうでしたが、大手のマスコミ人は、容疑者の不正や巨悪等を取材などで知っていながら、検察・司直の手が入らなければ記事には絶対しませんし、一旦検察・司直の手が入ると「堰を切ったように徹底した悪人像を造り上げる」狡猾な性があります。
罪や犯罪は、当然司直により徹底的に解明して貰わなければなりませんが、日頃「国民の知る権利」とか「報道・取材の自由」を声高に叫ぶマスコミ人や会社ほどこの落差が大きい、と感じているのは、私だけでしょうか・・・。
スポンサーサイト
  1. 2005/03/04(金) 22:38:17|
  2. マスコミ報道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

02 | 2005/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。