フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

教育現場の崩壊とその責任

 2月14日におきた大阪府寝屋川市での教師刺殺事件を始め、昨年末の奈良県での小学生の殺人、平成13年の大阪府池田市の大阪教育大学付属池田小学校の殺傷事件、平成09年の神戸市での誘拐殺人事件等々、誠に痛ましい限りです。
 犯人の犯行動機は今は別に置くとしても、彼らが受けた教育・社会環境には、戦後日本が抱えていた根本的な欠陥「教育現場における、一部勢力による蹂躙」があります。具体的には、旧社会党や共産党の指導による「教育現場の組合至上主義と、革命教育思想の独断専横」によって、多数の青少年が「現実を直視」し得ず、イデオロギー教育の虚飾に踊らされてきました。
 彼らは「生命の尊重」を唱えますが、それは「自分の味方の生命尊重」であり、「敵の生命・生活」は一瞥だにしてきませんでした。積もり積もっての今日の現象だと思います。北朝鮮や共産党・社会党の衰退・滅亡現象を見れば、納得されるとは思いますが・・・。
我が家で咲いた義兄のシンビジウムです。「生命を大事にする社会や教育」を育てましょう。
20050215231152s.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/02/15(火) 22:53:17|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

それでも政党 民主党

 民主党は、審議拒否を続けていた衆院予算委員会を、審議を再開する条件として、「証人喚問について、予算成立までの間、今国会中に結論を得るよう努力する」との結論を先送り・玉虫色の合意文書を自民党との間で交わし、15日から委員会を出席しました。
今国会冒頭の岡田代表の質問時も、質問拒否-議会退場-出席の場面がありましたが、民主党は、旧社会党の古い体質・審議拒否を伝統にしたいのでしょうか・・・。
 また、1月30日に投開票された北九州市議選をめぐり、6期連続当選した民主党現職市議が、票のとりまとめを依頼した報酬として運動員に現金を渡したとして、公選法違反(買収)の疑いで、福岡県警に逮捕されました。平成13年11月の衆院選でも、陣営幹部が有償の電話作戦を行った公職選挙法違反(利害誘導罪)事件で、鎌田さゆり衆院議員(宮城2区)が議員辞職したものの、今野東衆院議員(宮城1区)が辞職を拒否したこともありましたね・・・。
 こんな体たらくと不祥事続出の政党が、天下を取れるのでしょうか・・・。
  1. 2005/02/15(火) 22:30:00|
  2. ズッコケ民主党|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

fuchy

01 | 2005/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。