フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新年 明けまして おめでとうございます

 亥年 快晴の新年が明けました。
本年も何かとお世話になります。
皆様のご健康、ご多幸をお祈りいたします。

 我が家では、門松を立てないので代わりに、「避寒菊 白」で新年のスタートをします。
20070102150638.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/01/01(月) 12:00:00|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

残暑にめげず サボテンとカトレアが開花

 昨日の当ブログ記事「向日市議会本会議と議員全員協議会での質疑」を書きましたが、それに関して29日付けの朝刊京都新聞洛西版が、「事実経過を記者の目線」で掲載していました。

向日市議会でのトンチンカンな質疑(白黒はっきりせよ等)よりは客観的に記事にしていましたが、読者や市民に予断を与える見出しでもあります。ある意味で、やんわりと「議会での質疑はこうあるべきでは」と諭した記事面とも受け取れますが、事の本質をはぐらかしていると私は思っています。

 厳しい残暑が続いています。酷暑の中、花を咲かせてくれたのはアサガオ程度でしたが、サボテンとカトレアが初夏に続き開花しました。20060829223945.jpg

20060829224029.jpg

20060829224050.jpg

  1. 2006/08/29(火) 23:36:44|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真夏のファンタジー 月下美人

 今日9日は61回目の「長崎原爆の日」。毎年「ノー モア ヒロシマ、ナガサキ」はやってはきますが、核軍縮どころか核保有国の米国、中国、ロシア、英国、フランス、インド、パキスタンに加えて北朝鮮、イスラエル、イラン等の核開発疑惑国は増殖する一方です。
「核兵器廃絶」と理想論を唱えて虚しい歳月を経るよりも、「戦争、核開発、テロ等々」は現文明・人類社会の宿痾(しゅくあ)と捉えて現実的な対応をする方がマシだとは思うのですが・・・。
「地球温暖化」を考慮すれば、「エネルギー源を化石燃料に頼るよりも原子力に依存」の方がよりベターであり、必然的に核開発技術の向上やプルトニウム等の核廃棄物の蓄積が出てきます。これら副産物を米英中ロ仏も北朝鮮、イラン等々が「活用・悪用・利用」している訳であり、「平和的利用」なんて詭弁の最たるものでしょう。
「核の活用」に限れば、アメリカも中国も北朝鮮も同じ穴の狢(ムジナ)では・・・。かつての社会党は、「アメリカの核実験には抗議しても、中ソの核実験には理解」を示していました。手前勝手な屁理屈が、現在の世界政治に蔓延してしまったのでは・・・。

20060809232725.jpg
 「月下美人」が、午後10時過ぎから咲き始めました。今年は花芽が3つ出来ましたが、2つは蕾のまま落ちました。この暑さで最後の蕾も無理かなと冷や冷やでしたが、何とか開花につながり一安心。
昨年は「郵政解散」後に開花し、「吉兆の月下美人」が「自民・公明の歴史的圧勝」に繋がりました。さて今年の「吉兆」や如何に・・・。
  1. 2006/08/09(水) 23:28:05|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

散りぬべき・・・

 散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花は花なれ 人も人なれ (細川ガラシャ)

 私が最も好きな山野草の「うちょうらん(羽蝶蘭)」、今年最盛時の写真です。20060718224521.jpg

20060718224752.jpg

明日から、3日間「全国都市問題会議」に参加のため不在。

  1. 2006/07/18(火) 23:59:59|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ふるさとは 遠くにありて

 家内の実家の法事のため、福井県越前市へ。市町村合併のため、旧武生市から越前市へと市の名前が変更になっています。途中、北陸自動車道沿いは、ピンクのねむの木が満開でした。
こちらは、我が家の赤い「ねむ(合歓)の木」、昨年の種から若木も出ています。20060714181600.jpg

留守にしている間に、「鹿の子百合(かのこゆり)」「萩(屋久島萩)」が開花し始めました。
20060714181630.jpg

20060714181653.jpg

  1. 2006/07/13(木) 23:14:20|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サボテン哀話

 昨夜から、サボテン3鉢が咲き始めました。サボテン本体や開花前の蕾は何となくグロテスクですが、鮮やかな色彩の花は大きく開きかつ透明感溢れるため愛好家も多く、また土質を余り選ばないため管理や育て方も容易です。
薄いピンクと濃いピンク、いずれも頂き物です。特に薄いピンクのサボテンは、10数年前脳梗塞の後遺症で言語や身体が不自由になった知人が、「親切にしてくれているお礼」にと自ら親指大の子株を一つ持ってきてくれたものです。その後の株分けで、5鉢になりました。
写真は、2鉢で20本の花を開かせています。
ただ、サボテンや月下美人、孔雀サボテン等の花は、開花後約1日で萎み、また砂漠の夜露で生き長らえるサボテンの本姓上、夜から開花するのが難点です。しかし、1時間毎に花開く姿は、気品が漂っています。20060618213812.jpg

20060618212832.jpg

20060618212858.jpg

 北朝鮮が、テポドン2号を一両日中にも発射するとの報道が流れています。核と並んで「最後の外交カード」を使っての「挑発行為」も、「カスバの女」ではありませんが、「一夜の花火」に過ぎません。
ここまでくると将軍様に哀れを感じます、米政府による金融制裁で追い詰められているのでしょうな・・・。

 谷垣禎一財務相が、総裁選向け地方行脚を開始しました。京都府で暮らしている我が身としては、「芦田均・元総理」以来の京都府出身の総理・総裁の出現を期待したいものです。
  1. 2006/06/18(日) 21:29:08|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あだ花も この世の花か 村上ファンド

 村上ファンド前代表・村上世彰容疑者が、6月5日証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕されましたが、どうやら「敵対するライブドアとフジテレビ」との間では「マッチポンプ」役を果たして大金をせしめ、味をしめたかはたまた「黒子役・陰のシナリオライター」では我慢出来ず、遂に自演自演の芝居を打ったのが「阪神株の買い占め」のようですな・・・。

 この事件での傑作
 Q:「金もうけ、悪いことですか」(6月5日午前、突然開いた記者会見での村上世彰代表の発言)

 A:「金をもうけたから嫌われたのではない。もうけ方が問題だから嫌われたのだ」(6日午前の記者会見での麻生太郎外相の発言)

 以下は、村上世彰前代表の功罪を含めての謹呈

 1.「秘すれば花なり。秘せずは花なるべからず」
   室町時代初期の猿楽師・世阿弥(ぜあみ)の著書『風姿花伝』(『風姿華傳』、『花伝書』)より。  一時の美しい声や姿は「時分 の花」に過ぎず、能の奥義である「まことの花」は心の工夫公案から 生まれるとの意。

 2.「是非の初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず、この三、よくよく口伝すべし」(世阿弥著『花鏡』)より。

  6月は私の誕生月、そしてアジサイの季節。「山アジサイ」が咲きました。他の額紫陽花(がくあじさい)も間もなくです。20060607235723.jpg

「キスゲ」と「アマリリス」も開花しましたが、今年の5月は長雨・低温・日照不足でキスゲ、アマリリス、ユリ、鹿の子ユリ、カサブランカ等の球根類が不作です。
20060608000032.jpg

20060608001044.jpg

  1. 2006/06/07(水) 23:58:14|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

採決強行後の党首討論

 小泉純一郎首相と小沢一郎・民主党代表による党首討論が、午後3時から行われました。午前中、医療制度改革関連法案をめぐる質疑が行われた衆院厚生労働委員会で、与党側は今国会で初めて強行採決に踏み切ったばかりであり、注目していました。

自称「口べた」の小沢代表は、冒頭に強行採決を含む国会運営に関して注文を出し、またこれが野党・民主党の党首かと思うほどの持論を展開しました。受け手の首相も小沢代表の著書を引用し「野党の審議の在り方」に触れ、双方の認識は一致していました。
討論の本題は「国家の在り方に係わる教育論議」でしたが、民主党の前原・鳩山・菅前元代表のように眦を決して声を張り上げる場面もなく、むしろ「抑制がきいた話しぶり」はで大物政治家の印象を与えたのでは・・・。もっとも、双方とも持論の展開に終始し、印象深い討論とは言いかねましたが。

 梅雨入りはまだなのに、雨天が続きます。
去年挿し木していたハゴロモジャスミン(羽衣ジャスミン、モクセイ科)が根付き咲かせました。20060517202256.jpg


二人静(ふたりしずか、千両・せんりょう科)が今年も。白い小粒が花です、他に一人静ももうじきです。20060517202346.jpg


これも去年挿し木していたボケが、早春に続いて再度開花しました。20060517202410.jpg


合歓の木 (ねむのき)で、毎年赤い花が次々と咲きます。オジギソウとよく似ていますが、こちらは触っただけでは閉じません。夜になるとゆっくりと自分で閉じる、それがまるで眠るようなので「眠りの木」、そして転じて「ねむの木」に変化したとのことです。20060517202430.jpg

  1. 2006/05/17(水) 23:19:52|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

山は富士なら 酒は白雪~。懐かしいね

 今年のゴールデン・ウィーク中の暇な時に、家内とともに「山野草専門店」で求めた「白雪ゲシ―ケシ科シラユキゲシ属(Papaveraceae eomecon chionantha)」です。「ドロドロとした浮き世」から超越し、「凛として清楚な姿形」がお気に入りです。20060514235518.jpg


 これは2,3年前に求めた「奥多摩コアジサイ」です。素朴ですが可愛らしい花で、開花のコツが分かり毎年咲いてくれます。普通のアジサイや額紫陽花と異なりガクが無いアジサイで、家内のお気に入りです。20060514235550.jpg


 こちらは園芸店で数年前に求めたものですが、名前は定かでありません。ネットで調べると「黄梅 (おうばい)、木犀(もくせい)科。黄色い花が梅に似ていることと咲く時期が、同じことからこの名前になったが、本来梅とは関係なく、ジャスミンの仲間」とあります。と言うことで、「黄梅花」から「黄梅」へ勝手に名称変更です。
でもさしたる手間をかけずとも毎年花が咲き、挿し木による繁殖も簡単で、「お求めやすいお値段(さんま系ギャグ)」ですわ・・・。
20060514235623.jpg

  1. 2006/05/14(日) 23:53:23|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

卯の花の匂う垣根に・・・

 3年前園芸店で買ってきたカキツバタ(杜若)「白鷺」が、今年になってやっと咲きました。感動-(^_^)。序でに、今年買った「ウツギ(空木)---別名:ウノハナ(卯の花)」の写真も・・・。20060511231417.jpg

20060511231444.jpg


 在日米軍再編計画に絡む「普天間飛行場の移設」について、額賀防衛長官と稲嶺恵一・沖縄県知事が「事実上合意」し、小泉首相と県知事との会談も行われました。
「国の防衛政策」との板挟みとか、「移設先のキャンプ・シュワブ沿岸部でのV字型滑走路」が突然浮上とか、稲嶺県知事もつらいでしょうね。
その点、野党の先生達は気楽なもので、「米国べったり」とか「負担増のみ(小沢代表)」とか、実のない発言のみです。
ウツギは幹が中空ですが、花も実もあります。
  1. 2006/05/11(木) 23:38:47|
  2. 開花前線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

fuchy

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。