フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

教育基本法改正案を学習 その行方は?

 公明党・向日支部の月例会「教育基本法改正案(政府案)」について解説し、「教育基本法に対する公明党の基本姿勢」を説明しました。
国会の会期延長問題の兼ね合いもあり成立するか否かは不明ですが、「憲法改正問題」も俎上に上る時代背景からして、一定意義がある企画との思いから「党・政治学習」として採り上げました。
改正案の意義や経緯等の下調べやその資料造りで大変ですわ。我々末端の苦労が水泡に帰さぬよう、「小泉さん、頼んまっせ」。

 洋ランのデンドロビューム「フォーミデブル Dendorobium formidibulum」が、2年越しにやっと咲きました。2年前は一本のバルブに4,5個の小花がつきましたが、今年はこの大輪一つのみ。初夏に咲くのですが気まぐれ(不定期咲き)で、買い主に似ています。20060531235157.jpg

 30度近い今日の気温で、「更紗空木(さらさうつぎ)」が咲き誇り始めました。遠慮がちに下向きに咲くのが、やはり買い主に似て奥ゆかしく?、謙譲の美徳を象徴しています・・・?。20060531235217.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 23:48:52|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんな生徒の親の顔が見たい

 今日の午後、議会事務局経由で向日市教育委員会から、「本市中学校生徒の問題事象について」のFaxが入りました。
内容は、向日市立中学校の2人が「自動車窃盗、無資格運転、自損事故」を起こし向日町警察署に身柄を保護されているとの内容です。
 ネットニュースでも流れていますが、「数日前に資材置き場の事務所からトラックの鍵を盗んだ」中学2年の男子生徒が、1年の男子生徒とともに「荷台に載せたパワーショベルの先端を地面に引きずりながらトラック」を運転し横転したとのことです。
「運転したかった」という動機だそうですが、時代は変わりましたな。昔なら、ワル・不良の無免許運転と言えば、「スポーツカーや乗用車」でした。この中学生は、パワーショベルを盗んで銀行のATM破壊でもやろうと思ったのでしょうか。
 古きよき時代ならば、こんなワルがいたら「親の顔が見たい」という反応でしたが、ギスギス社会で異常報道の現代は、「市教育委員会と学校への取材」から始まりました。まもなく始まる12月市議会でも「市教育委員会と学校長」の責任をとやかく言う光景が目に浮かびます。
  1. 2005/11/21(月) 23:42:32|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オレも参戦「フジとライブドアのbattle」談義

 自慢ではありませんが、経済問題に関しては全くの門外漢です。しかしながらが、今回の「フジテレビ・ニッポン放送の連合軍」と「新興勢力ライブドア」との闘いは、旧と新、大連合組織と新興勢力、正規軍とゲリラ部隊、安定と改革等々、様々なカテゴリー・理念、経済社会文化的要素等々でくっきりと色分け・分類される「劇場型ドラマ」の様相を展開し、注目されています。
 日本社会の現状を見れば、「ポッチャリ型の童顔・ホリエモン」を無責任に応援したいところですが、残念ながら「ホリエモン」氏は、昨年の日本プロ野球機構への新規加入劇の顛末を復習されていないと感じます。結局プロ野球に確実に参加されたのは、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の三木谷浩史社長と、「福岡ソフトバンク ホークス」の孫正義ソフトバンク社長でした。
今日も、「日枝会長と堀江社長が極秘会談」とかが、まことしやかに報道されました。この勝負、サキは見えましたね。因みに私は、Biglobeのネット投票では、既に2月の時点で「フジテレビ・ニッポン放送」の勝利の投票をしています。
  1. 2005/03/07(月) 22:02:44|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教育現場の崩壊とその責任

 2月14日におきた大阪府寝屋川市での教師刺殺事件を始め、昨年末の奈良県での小学生の殺人、平成13年の大阪府池田市の大阪教育大学付属池田小学校の殺傷事件、平成09年の神戸市での誘拐殺人事件等々、誠に痛ましい限りです。
 犯人の犯行動機は今は別に置くとしても、彼らが受けた教育・社会環境には、戦後日本が抱えていた根本的な欠陥「教育現場における、一部勢力による蹂躙」があります。具体的には、旧社会党や共産党の指導による「教育現場の組合至上主義と、革命教育思想の独断専横」によって、多数の青少年が「現実を直視」し得ず、イデオロギー教育の虚飾に踊らされてきました。
 彼らは「生命の尊重」を唱えますが、それは「自分の味方の生命尊重」であり、「敵の生命・生活」は一瞥だにしてきませんでした。積もり積もっての今日の現象だと思います。北朝鮮や共産党・社会党の衰退・滅亡現象を見れば、納得されるとは思いますが・・・。
我が家で咲いた義兄のシンビジウムです。「生命を大事にする社会や教育」を育てましょう。
20050215231152s.jpg

  1. 2005/02/15(火) 22:53:17|
  2. 教育|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。