フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新年のご挨拶

新年 明けまして おめでとうございます。
厳しい寒さの中、快晴の元朝を迎えました。
責任ある職を辞して後に迎える最初の正月ですが、責務から解放された今まさに晴れ晴れとした感慨に浸っています。昨年1年間の「我が闘争」も連続勝利で飾ることが出来、大海原から昇りゆく日の出の如く、言いしれぬ生命の躍動を感じています。
混迷を深める日本の政治を足下に見下ろし、再びこの駄文を綴っていきます。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/01(火) 12:35:16|
  2. 向日市情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花も 吹雪も 踏み越えて- ♪♪♪

 向日市消防出初式が、午前9時から向日市役所駐車場と向日町競輪場内で行われました。例年の出初式は、寒さを堪えつつも晴天か薄曇りの穏やかな天気の中、正月気分に浸りながら挙行されていました。が、今日は途中から吹雪きが舞い強風が吹き付け、寒さも厳しく、直立不動の消防団員も気の毒であり、式典どころではありません。来賓挨拶では、事前に用意した挨拶文を朗読する方々のなかで、木村府議会議員のみが機転を利かして、簡潔に終えました。これで、票が増えるかも・・・。
長岡京市長選の告示日の関係からか、出席者は例年よりも少ない出初式。高齢社会を迎えているのであるから、寒中の屋外行事は屋内に切り替えるべきでしょうな・・・。昨日の長岡京市出初式は、雨天のため中学校の体育館に変更したのですから。

 長岡京市長選、今日の吹雪じゃありませんが、夜の会合で「風雲急を告げる選挙情勢」との話あり。
ドミノ理論の信奉者じゃありませんが、結果如何では4月の向日市長選に多大な影響が出てきます。既に、3極選とその結末を、冷たい沼の底からジーと上目遣いで注視しているナマズ、いや失礼、御仁も出てきていますから・・・。

 昨年、知人から頂いた「バンダ(西洋蘭、パンダにあらず、日本の蘭のフウラン・風蘭に相当)」が、水をやるだけですが随分大きくなり、開花しました。可憐な花で、3週間は咲き続けます。20070107223719.jpg

  1. 2007/01/07(日) 22:37:25|
  2. 向日市情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

他人事ではない「夕張市の財政再建団体」申請予定

 予算規模が約114億円の北海道夕張市は、実質負債が標準財政規模(約45億円)の10倍を超える500億円規模に膨らみ、北海道の助言を受け自主再建は不可能と判断し、「財政再建団体」を指定申請する方針を決めたと報道されています。
「一時借入金が約292億円、地方債が約130億円など総額は約542億円」という市の財政は「自転車操業」の典型であり、中小零細企業が倒産逃れの延命策として「新たな借金をして、過去の借金の返済を繰り返す」状態と酷似しています。「企業ならば倒産、個人ならば自己破産」状態です。

戦後石炭産業で栄えた夕張市も、炭坑の閉山で人口が10分の1に減少したものの「国際映画祭や夕張メロン」で頑張っている自治体というイメージがありましたが・・・。ここに至るまでの「市長や行政、市議会や市議の責任・見識」を追求されるでしょうが、「産業構造の変革で、人口が10分の1」に減っちゃえば、手の施しようがなかったのでしょうね。

 向日市の近隣自治体でも「次年度の予算を食いつぶしてでも赤字転落阻止」を唱え始めました。
平成の大合併に呼応した自治体は「今は一安心状態」でしょうが、合併に踏み切らなかった自治体は、今後「夕張現象」が起きるでしょう。それにしても、「行政サービスはもっと充実させよ、市民の負担は極限ゼロに」と主張する脳天気な議員がゴロゴロしているのは、「困ったことというよりも、社会の公害、諸悪の根源、究極市民に多大な迷惑をかけるその場しのぎのポピュリスト」ですわ・・・。

 梅雨空に 凛と立ちたる白百合に 明日を託すは 我一人かな20060617223445.jpg

天候不順で球根類が不調ですが、「鉄砲百合」が今年も開いてくれました。

  1. 2006/06/17(土) 23:30:42|
  2. 向日市情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

公務員の人事異動と人材登用・発掘

 国や市行政、経済界が用いる平成17年度が始まりました。西洋暦のスタートは01月01日なのに、何故我が国の諸制度は04月01日をもって新年度としているのか、ご存じの方教えて下さいませんか。小・中・高校の入学式は、希望に胸を膨らませた新入学生や保護者、また関係者にも桜花満開の時期が相応しいとは思います。学制の慣習で現在の年度制が採用されているのでしょうか・・・。
 ともあれ、本日で企業や省庁、各種団体は、新年度体制に入ります。向日市でも、内示を受けられた部長級以下の職員の人事移動が、スタートしました。中央省庁や都道府県、政令指定都市規模の職域になると、内閣総理大臣や自民党幹事長、各首長、副知事・助役の諸氏が、上級職員の能力を熟知することは、その規模の大きさから言っても到底不可能でしょう。しかし、小規模自治体や企業ほど、数の少なさ故トップは部下の能力を容易に知り得ます。
ふちがみも公明党会派も、「人事は市長の特権事項」として原則異論は唱えません。また、トップがその行政運営や公約実現のため、人事異動等を活用するのは当然でしょう。更には、公務員が特定部署に居続けるのは、専門的知識等は蓄積されるものの、「安易・惰性」の落とし穴に陥没する懸念もあります。しかし、職員の能力を熟知し理解し、根本的な適材適所に意を注ぎ、有能な職員を活用していくのもトップの責務でしょう。小さな自治体である向日市でも、怠惰なふちがみがでさえ「人材の活用や発掘」がまだまだ不充分だなあとは、常に思っています。今流行の「人事評価制度」を採用したところで、「トップの眼力が腐っておれば、組織は機能不全に陥る」のは当然でしょう。。
但し、人事は、最高に難しい問題ですが・・・。
 追伸、このブログで数名から「トラックバック」されました。しかし、その後どうすればよいのか分かりません。「掲示板システム」なら承知していますが、どなたかご教示の程を・・・。
  1. 2005/04/01(金) 23:22:57|
  2. 向日市情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

地震災害への向日市の課題

 今日20日午前11時前、福岡市沖の玄界灘を震源とする強い地震が起こり、福岡市等や佐賀県みやき町で震度6弱が観測されています。
私は、福岡県北九州市門司区の出身で18歳まで過ごしていました。かねてより、九州北部は台風や水害・旱魃の災害は頻繁でしたが、地震の揺れを感じた経験はなく、現地の方々は突然の揺れで、まさに驚天動地されたでしょう。被災者の方々には、衷心よりお見舞い申し上げます。
ところで、向日市でも、昨年の新潟県中越地震等々で、地震への備えが当然求められています。阪神大震災以降、備蓄物資の備えや災害時の機材・器財配備、防災マップの全市民への配布等々を整備しています。しかし、一旦地震が発生した場合の避難場所たるべき、市内小中学校や他の公共施設の大部分、なかんずく市役所の建物が耐震構造に適合しておらず、お寒い現状です。
国や府・地元自治体の財政困窮の中、何時発生するか分からない「地震対策」へは、財政や他の施策がなかなか手が届いていません。
 久嶋市長の平成17年度予算案で、この施策が一歩でも推進されていればとの想いがよぎります。
  1. 2005/03/20(日) 23:31:35|
  2. 向日市情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。