フッチーの心は錦

since 17/02/15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大山崎町議選がスタート

 大山崎町の町長選と町議選のW選挙が、告示、午前10時公明党公認の高木いさお候補の出陣式に出ました。また、午後4時からの徒歩遊説(いわゆる桃太郎作戦)にも参加、3カ所で応援演説に入りました。町財政の再建が大きな論点でしょうが、選挙は水もの、気が抜けません。20061018190808.jpg

 ホトトギスが、咲き始めました、秋真っ盛りです。20061018190837.jpg
スポンサーサイト
  1. 2006/10/17(火) 23:05:34|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

知事選出口調査、公明党支持者のほぼ100%が党推薦候補に投票

 京都府知事選で現職の山田啓二氏が、府内全市区町村で事実上の共産党候補を圧倒、24万票の大差をつけほぼダブルスコアでの完全勝利
自治体合併による戦闘員(地方議員)の減少や、自民党サイドの衆院選京都4区や南丹市長選の後遺症、民主党の「永田メール」事件での戦意喪失等が懸念されましたが、各最低の投票率38.44%にも拘わらず50万台の大台を突破したのは、大きな意義があります。

 京都政界を長年混乱させてきた共産党も、党勢の衰退と共に過去の栄光「7期28年間の革新府政」からさよならをすべき時を迎えました。自公が中心となった「保守中道府政」も29年目に突入する訳ですから・・・。
もっとも、「政治的に敗北しても責任を他に転嫁する」共産党の体質は変わらないでしょうから、さしずめ「桜が満開となり棄権者が増えた」とか「立候補の表明が遅かった」、「永田メールで政治不信が拡がった」とかで総括するのでしょうね・・・。けれども、低投票率の選挙では、組織力ある政党が有利は昔も今も変わりませんけれど・・・。前回票より約12万票も減らしてしまっては、勝負を度外視し運動員を景気づけるだけ・参加することに意義を見出す「オリンピック選挙」と冷やかされても仕方がありません。

 メディアの出口調査では、公明党支持者のほぼ100%が党が推薦した山田候補に投票との結果が出ています。これに対して、民主党支持者の3分の1が、社民党支持者の3分の2が相手候補に流れたとも報道されました。たとえ、豪腕・小沢新代表が誕生しても、政党の意向が末端にまで伝わらない組織力、「足腰が弱い」議員政党では、政権奪取どころか、スタートダッシュも無理では・・・。
  1. 2006/04/10(月) 23:09:13|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

選挙もいろいろ 公明党 統一外地方選の連続勝利116ヶ月目でストップ

 昨23日は、参院神奈川選挙区補選を始め宮城県知事選、市町村合併に伴う各地の選挙が投開票されさながら「ミニ統一選」の様相でした。
 注目の参院神奈川選挙区補選では、川口順子・前外相(自民公認、公明推薦、新人)が圧勝し、宮城県知事選では、3期12年続いた浅野史郎知事が引退し後継者と目論んだ総務省出身の前葉泰幸・前県総務部長が敗れ村井嘉浩・前県議(無、自民推薦)が勝ちました。 いずれも低投票率の選挙戦でしたが、通常の衆参国政選挙のように連日テレビ等で採り上げるわけでもなく低投票率は仕方のない話であり、敗れた陣営が「低投票率を敗戦の因」とする談話は、見苦しい言い訳に過ぎない。むしろ、神奈川選挙区補選では、総選挙での大惨敗の癒しが未だ取れていない民主党候補が、外務大臣や首相補佐官を務めた候補者を相手にしては始めから勝ち目がないのは当然でしょう。

 宮城県知事選の方は、浅野知事も後継候補も中央省庁出身の官僚であり、いくら「改革派知事」浅野知事の後継をアピールしても、二代も続けば「衆院選で植え付けられた官公労や官僚=抵抗勢力」の図式を覆すのは無理というもの。

 一方、合併に伴う選挙を含む地方選挙では、公明党は17市4町で34人が当選しました。
公明党は、先月まで「統一外地方選挙で115ヶ月間連続して全員当選」の記録を更新中でしたが、今回新潟県南魚沼市議選で現職1名が落選(最下位当選者との差49票)し記録の更新がなりませんでした。
因みに、共産党は、秋田県由利本荘市で立候補した現職3名が全員落選するなどを始め、滋賀県甲賀市議選や島根県安来市議選で各現職1名が落選し、秋田県湯沢市議選で立候補6名に対し3名落選、同県横手市議選では4名立候補したものの3名が落選し、議席減の退潮傾向を続伸中です。
  1. 2005/10/24(月) 23:21:17|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「政治の信頼を損ねた」候補が落選

 注目の「仙台市長選」および「奈良市長選」が今日投開票され、仙台市長選では前経済産業省通商交渉官・梅原克彦氏(無・新人、公明党と自民党宮城県連が支持)が、前民主党衆院議員・鎌田さゆり氏(無)らを破り当選しました。
前回衆院選での選挙違反事件により議員辞職し、挙げ句は「法の盲点を突くようなくら替え」で有権者をバカにした鎌田氏や、出身政党の民主党は、「もって瞑すべし」の結果でしょう。
 一方、奈良市長選では、前・奈良県教育長・藤原昭氏(無、新人=自民・公明・社民推薦、民主支持)が、鍵田氏(無)や、政治団体「市政見張番」代表・辻山清氏(諸)を破って初当選したと報じられています。
こちらは、市議会の不信任決議を受け議会を解散し、自らも辞職した結果の選挙で、両市長選とも「政治の信頼を欠く」候補が落選しましたが、今の日本の政治状況の中で「スキャンダル」を引き起こしたら選挙では勝てません。
  1. 2005/07/31(日) 23:58:18|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「衆院の解散風」が吹き始めた。でも、向日市には「変な風」も・・・。

 梅雨明け間近なのでしょう、強烈な暑さが襲ってきました。
国政でも「郵政民営化法案」を巡り「否決」された場合、小泉総理の
「これまでの自民党的政治手法とは相容れない」政治姿勢や性格からして、「衆院の解散・熱波」がまことしやかに現実味を帯びて話の俎上に上がってきました。
個人的な見方ですが、「政治家たるもの、任期満了に伴う選挙を含め、厳しい選挙戦を全て避けたいのが本音。しかし、選挙戦への腹が固まると、ゴール目指して猛進していくのがこの国の政治家や政治屋の習性」です。 
今年は国政レベルの選挙もなく「都議選も完勝」で終わり、秋の「長岡京市議選」で打ち止め、そして除夜の鐘と想定していましたが、俄然「衆院での5票差」が威力を発揮し始めました。
その効果たるや凄まじく、小泉総理の「懇切馬鹿丁寧な答弁」や、民主党・川端幹事長の15日の代議士会での号令があり、極めつけが、
「14日の公明党常任役員会で、参院で郵政民営化関連法案が否決され、小泉首相が衆院解散を決断した場合、最終的に受け入れざるを得ない」(読売新聞)と結論づけられたようです。 
となると、10月の長岡京市議選や来春の京都府知事選が、「衆院解散」で吹っ飛びます。
ましてや、「コップならぬお猪口の中の争い・向日市議会役員選出(8月)」なぞは、霞んでしまうでしょう。しかし、世の中摩訶不思議なもので、「外は猛烈な嵐でも、その波に翻弄されている船の中では、丁々発止の腹芸」が続くものです。「変な風」も「突風」も「雷」も「北風」も「じとじと雨」も「天気雨」も多士済々揃っていますので・・・。
と言う本人は、「秋晴れの順風、追い風の心地好いそよ風」かな(独りよがりですが、ハッハッハ)・・・。
  1. 2005/07/15(金) 23:39:46|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

衆院京都第3小選挙区について

 京都新聞2月27日朝刊第3面記事によると、「自民党京都府連会長の谷垣禎一財務相は26日、京都市内で会見し、公明党が次期衆院選で京都の小選挙区に独自候補擁立の意向を示していることについて、あくまで6つの小選挙区すべてに自民党候補を立てると述べ、連立を組む公明党とは、これまでも選挙で協力してきたが、自民党は京都2、6区の公募も含めて全選挙区に候補を立てる方針でやっていると語ったそうです。また、会見に同席した二階俊博党総務局長も自民、公明両党が立つことで野党に『漁夫の利』となるなら協議するが、第一義的には自民党で処理すべきだとの談話が報じられました。
 一方、山名靖英・公明党京都府本部代表は、「2008年サミットの京都誘致を推進するとともに、次期衆院選での勝利を視野に戦いを進めたい」との決意を、去る一月12日の「公明党京都府本部主催の新年賀春会」で、決意を述べました。なお、1月22日の自民党・京都府連の会合や同月23日の公明党・京都府本部所属の議員総会でも、山名代表は連立政権を組む自民党との選挙協力を念頭に、重ねて「京都の衆院6小選挙区のうち一つの小選挙区で、独自候補を擁立する」意向を表明しています。この問題、衆院京都第3小選挙区に属するふちがみや他の議員にとって、大変重たい宿題です。
  1. 2005/02/27(日) 23:38:56|
  2. 選挙|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fuchy

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。